« 甘さと厳しさと | トップページ | 見通し »

2013年3月 3日 (日)

心折れる

 ハーフの大会がありました。超アップダウンの激しいコースです。それでも前半は下り中心だったせいもあり、最初の10kmが43分台と速すぎるくらい。でも、調子は良く、案外このままいって好記録が出るのではないかって感じていました。がしかし・・・。

 前半が下り中心だったということは、後半は上り中心になります。どちらかというと下りよりは上りの方が走りやすいので多少自信はありました。でも、この坂、半端ないのです。道路標識で急な坂に黄色三角で示すものがありますが、まさにそれです。しかも、道がくねっているので、先の道路が見えます。これから先、進まなければならない強烈な急坂が目の前に聳えているのです。しかも、ずっと坂です。それでもようやく坂を乗り越えたかなって思ったら、またすぐ急坂です。さすがに心が折れてしまいました。

 スローモーションで走っているのが自分でも分かります。折り返しの頃は1時間30分切りがいけるのではないかって淡い期待をしていたのですが、この時点では、目標が「完走すること」になっていました。後からどんどん抜かれていきます。負けてたまるかって思うのですが、脚が上がりません。とりあえず前に進んでいるという感じです。1キロごとに表示があるのですが、この間隔が異常に長く感じます。がんばってもできないという、まるでこの1年の研修生活のような状況です。

 そんな状態のまま、とりあえずゴールまでたどり着きました。ラストスパートを掛けようという気力すら萎えていました。タイムは1時間40分と及第点ですが、前半のペースから考えると後半はキロ5分オーバーです。タイムがそこそこだったのは前半の貯金のおかげです。

 来年、リベンジしなくてはなりません。このままでは終われません。今回の反省として、前半飛ばしすぎたので、後半しっかり走れるように、前半押さえて走らないと。

|

« 甘さと厳しさと | トップページ | 見通し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

たまには心も折れないといけませんね。順風過ぎると自分を振り返らなくなりますから。それにしても、きつかったです。

ボランティア、お疲れ様でした。tssuneさん、元気すぎです。

投稿: パパ | 2013年3月 4日 (月) 21時51分

色々なときがあるよ。一言、凄いよ。うらやましい!

投稿: tssune3 | 2013年3月 4日 (月) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 甘さと厳しさと | トップページ | 見通し »