« 異常な施設 | トップページ | 発問のズレ »

2013年5月15日 (水)

小数のかけ算

 算数で小数のかけ算の学習をしています。ここでのポイントは、小数点の位置です。だから①小数点より右にある数字に○をつける。②小数点がないものとして普通に筆算をする。③計算して出た積に、丸を付けた数だけ右から丸を付けていく。④そして小数点を打つ。という形を定着させています。だから、小数点の位置を間違えることはほとんどありません。がしかし、結構、答えは違うのです。なぜか?そもそもの筆算を間違えているのです。

 子どもたちの様子を見てみると、間違えの多くは『足し算』です。本当に単純な間違いです。でも、こういう間違いをしてしまうのです。だから、間違いをなくすためにも、丁寧さを意識させながら、量をこなす必要があります。しかも、ただ単純に計算をしているだけでは飽きるので、様々なバリエーションを加えながら、量を増やしていく必要があります。

 2つ進んで1つ下がっても、1つは進んだことになります。前進、前進。

|

« 異常な施設 | トップページ | 発問のズレ »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 異常な施設 | トップページ | 発問のズレ »