« 大収穫 | トップページ | 雨止まず »

2013年6月 1日 (土)

ビックリしました

 香川県の中学校で英語の先生が映画を見せようとしたところ、私物のアダルトDVDを再生してしまったそうです。どうも「サウンド・オブ・ミュージック」を教材として見せようとして、持参したDVDプレーヤーを生徒に頼んで接続してもらったところ、もともと入っていたアダルトDVDが数秒間再生されたそうです。再生されたわいせつ映像は、生徒が後に「ビックリしました」とショックを打ち明けるようなシーンだったようなので、まあ、そこそこの場面だったのでしょう。

 これは、おそらく、かなり不運(?)な状況が重なりすぎたのでしょう。その状況とは①DVDにアダルトDVDが入っていたこと。これが別の健全なDVDなら、たとえ間違って入っていたとしても大して問題にならなかったわけです。②映画を見せる教室にDVDプレーヤーがなかったこと。プレーヤーがあれば、DVDだけを教室に持ち運ぶだけで済んだのです。そして、③DVDが途中から再生されたこと。アダルトDVDだとしても、シーンによっては、ごく普通の町並みのシーンのようなものもあります。映像が出た時に、そのようなシーンだったら、先生以外だれもアダルトDVDとは気づかなかったかもしれません。まあ、先生がこのDVDを見た時に、生徒が「ビックリする」ような感じのシーンで停止ボタンを押したのでしょう。

 今回のことから教訓です。私物は学校に持ち込まないのがよいです。学校にあるもので対処すべきです。ただ、どうしても持ち込まなくてはならない時は、十二分に確認をしなくてはなりません。でも、こういうことに近いような事って、結構あるんじゃないのかなぁ。

|

« 大収穫 | トップページ | 雨止まず »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大収穫 | トップページ | 雨止まず »