« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

考えを改める

 昨日、学校に水やり当番に来ていた子たちが、僕の顔を見て、第一声「先生、髪伸びましたね」と。確かにそうです。これだけの猛暑にも関わらず、夏中切っていません。というわけでもないですが、今日、髪を切りに行くことに。

 髪を切ってもらう間は、ボーッといろいろなことを考えられるから好きです。これは走っている間と似ているところがあります。思考がスッキリしてきます。というわけで、髪を切ってもらう1時間で考えたことについてです。

 どうも今までは、何だか縛られている思いがありました。もちろん組織として足並みを揃えなくてはならないところもあります。そのせいで、やめたことがいくつかありました。だから、考えを改めることにしました。揃えるところは揃えますが、もう少し、やりたいことをやろうかなって。ただ、それは多少茨の道になるって分かっています。時間的制約がある現場ではしんどさが増えます。でも、いいかなって。

 40歳になったし、多少刺激のある茨の道を通らないと、老け込みそうだし。

| | コメント (0)

2013年8月30日 (金)

三重の事件

 三重県の中学3年生の女子生徒が殺害された事件。何ともやりきれないし、はらわたが煮えくりかえるような思いがする事件です。同年代の子どもをもつ親御さんは、同様の思いをされているのではないでしょうか。

 彼女は、まだ15歳になったばかりだそうです。これから楽しいことがたくさん待ち受けていただろうに。絶対に許されない事件です。

| | コメント (0)

2013年8月29日 (木)

膨大な量

 夏休み最後の出張です。市教委主催のもので、各校から1名ずつ参加しないといけないものです。で、僕がくじをひいたということです。

 出張が終わって、勤務校に戻ると、先日結果が出た、全国学力学習状況調査のデータが僕の机の上に山積みにされていました。ものすごい量です。これが全校全ての小中学校分あると考えると半端ない量です。パソコン上のデータで収めないだろうから、印刷するわけです。となると膨大な量の紙が使われるわけです。いやぁ、すごいです。

 すでに結果の分析は終えていたので、これに関して今更どうのこうのというのはないのですが、質問紙のデータもやってきました。これも質問の量が多かったせいもあるのでしょうが、半端ないデータ量です。この質問と学力がどのように関係するのかって、そのうち分析されて結果が出るのでしょう。「家庭学習の時間と学力は結びついている」「普段の授業で話し合うことが多い学校の成績は良い」といった、おそらく想定されることがそのままなのでしょう。これで、違っていたらビックリですからね。

 それにしても、これって、正しいことなんですかね。いまいち腑に落ちないのですが。

| | コメント (0)

2013年8月28日 (水)

スッキリ感

 昨日、今日と夕方に11kmほど走りました。朝晩そこそこ涼しくなりましたが、夕方はまだ暑いです。ただ、夕方でないと、涼しくなるまで待てば暗くなります。ということで、多少の暑さは覚悟の上、走ります。まあ、別に走らなくても良いっちゃ、良いのですが・・・。

 短い距離なので、キロ4分30秒くらいをイメージして走りたいのですが、いっこうにペースが上がらず。今日は昨日以上に上がらずでした。これって、暑さだけが原因なのだろうか。

 とりあえずキロ4分50秒くらいで両日ともまとめることができました。でも、走ることで、思考がスッキリしました。これが走ることの収穫です。このスッキリ感を引き出すために走るといっても過言ではありません。

| | コメント (0)

2013年8月27日 (火)

土曜日が本当に復活しそうで・・・

 文部科学省は来年度から、小中高校生らの学力向上に向け、土曜授業を行う公立校への補助制度を設ける方針を決めたようです。地域の人材を講師にするなどし、月1回以上実施することを想定。地域と学校のつながりをより強めることも狙うようです。講師への謝礼や教材費など土曜授業に必要な費用を補助して実施自治体を後押しし、来年度から3年間で全公立校での土曜授業実施を目指すようです。

 で、実際にどのような形で運用するのかというと、地域の会社員や公務員らに土曜日に学校に来てもらって、体験活動といった総合的な学習を行うことなどを想定しているようです。また、英語や補習的な学習も行い、幅広い学力向上にもつなげるようです。つまり、一般の教員は「お休み」ということになり、文科省としては、こうすることで勤務上の問題はクリアすると考えているようです。果たしてそんなにうまくいくものなのでしょうか。

 まず、誰が講師になるの?その人をどう探すの?たとえその人が見つかっても、その人の都合の良い日が、土曜日なの?しかも、月1回必ず来られるの?学年に応じた指導も必要になるから、講師の数も相当量必要です。でも、そんなにいるの?また、その日を出席扱いにするのかといった問題やそれぞれの子どもの対応の仕方も、一人ひとり違います。打ち合わせはいつするの?・・・と考えると、結局、一般の教員が授業を進めることになるのじゃないのかなぁ。

 土曜日のお休みがどんどん減っていくような気がします。これで、心の安定が図れるだろうか。まあ、本当に始まってから考えようっと。

| | コメント (0)

2013年8月26日 (月)

一気に

 昨日が登校日だったので、今日はお休みです。がしかし、朝からずっとパソコンと格闘中です。夏休み終了1週間前にして、たまりにたまった自分の仕事を片付け中です。一応、今日から3日計画で考えました。今日は10月の宿泊学習の計画やしおりのこと、明日は11月の学芸会のこと、そして明後日は2学期の学級経営のこと。既に計画通りに進んでいない気もしますが、この3日でやっちまおうと意気込んでいます。というのも、明明後日は出張なのです。やれるときに一気にやっておかないと。

 で、10月に予定されている宿泊学習のことを考えていたのですが、10月のイメージがなかなか沸きません。勤務校は昨年度6月実施でした。だから、服装もどちらかというと夏仕様でした。10月ってどうなのだろう?と、思っていたら、何とビックリ、我が娘が5年生の時に宿泊学習で今回行く場所と同じ場所に行っているのです。しかも時期も10月。一応、「しおりまだある?」って聞いてみたら、何とビックリ、3秒で持ってきました。なんて物持ちのよい子なのでしょう。助かりました。

 そういえば、前任校でも10月に宿泊学習に行っていたようで、卒業アルバムのその写真もありました。経験していないので分からないことがたくさんあるのですが、資料や映像があると一気にイメージが沸きます。ありがたいものです。

| | コメント (0)

2013年8月25日 (日)

登校日

 登校日でした。本来、奉仕作業で草抜き等をするのですが、雨のため中止です。しかし、子どもは普通に学校へやってきます。そして、下校時刻も、同様です。つまり、2時間分何かをすることになります。

 とはいえ、問題が2つあります。1つは、夏休みではないので、諸事情で来られない人も多々いるわけです。つまり、全員が揃っていないこと。もう1つは、大してモノを持ってきていないこと。モノもないし、全員いるわけでもないので、授業を進めたり、係活動を決めたりといった学校生活に直接関係のあるようなことはできません。ただ、運良く(?)夏休み帳を持ってくるように言っていたので、その解説ができました。とはいえ、2時間も解説していたら、完全に飽き飽きモードになります。

 ということで、ビンゴ大会を。ビンゴ用のカードを配り、そこに自分で数や言葉を埋めていきます。そして、ネームプレートをくじ引きにして、当たった人が好きな数や言葉を言えるというシステムです。まずは1~25までの数字バージョンを次に1~40まで、さらに五十音バージョンに都道府県バージョンと進めていきました。これ、結構盛り上がるのです。あっという間に時間が過ぎてしまいました。

 夏休みの登校日って、本当は夏休みでしかも日曜日という状況にも関わらず、学校にやってくるわけです。結構立派なことです。来た人にはそれなりの恩恵がないといけませんからね。

| | コメント (0)

2013年8月24日 (土)

久々の雨も

 久々に雨が降りました。夏休みの日課でもある朝の庭の水やりも、久々にお休みです。がしかし、最近の雨は、どうも違います。危険と隣り合わせです。尋常ない雨が降ります。こういう雨は台風がやってきた時とか稀なのですが、稀ではありません。頻繁です。しかも、どこで猛烈な雨が降るかが分かりません。今回は島根県あたりが大変だったようです。

 今夏だけで、ニュースに気象庁の横山さんは何度登場したことでしょう。「直ちに命を守る行動を」というのも、何度か聞いたフレーズです。本来なら水不足で恵みの雨なのでしょうが、度を超えています。

 来週からまた猛暑が戻ってくるようです。秋はまだ遠いのかな。

| | コメント (0)

2013年8月23日 (金)

マラソン計画

 今年下半期のマラソン計画を立てました。10月にハーフを走って、11月にフル、そして12月にハーフです。11月のフルは既に申し込みをしているので、今日、10月と12月のハーフを申し込みました。ついでに入金もしたので、確定です。

 2学期はさまざまな行事を始め、やるべき事がたんまりあるのに、3つも走ることにしてしまいました。でも、3つ走るのも、1つも走らないのも、結局同じなのです。要は気持ちの持ちようと段取りなのです。

 中学生の時に恩師が「忙しい時程、人は動ける」と言っていました。忙しい時にこそ、走ればよいのです。って、今は勝手に思っているのですが。実際のそのときになったら、後悔で泣いているかもしれませんが・・・。

| | コメント (0)

2013年8月22日 (木)

リサイクル

 今日は月1回のペットボトルのゴミ収集日でした。ゴミ置き場にペットボトルを持って行くと山積みされたペットボトル入りのゴミ袋が。まさに夏って感じです。

 ペットボトルはリサイクルされて、様々なものに再利用されます。プラスチックの仲間ですからね。そういえば、最近、僕はファイルを再利用しています。ファイルに綴じていたものを処分すると、ファイルだけが残ります。そのファイルには、項目やらタイトルを書いているので、そのままでは使いにくいです。だから裏返しにするのです。綴じ紐に当たる部分も裏返しにすると、十分使えます。最初は、新たなものを買うのが面倒だったからそうしていたのですが、使用済みファイルが結構あるので、それを処分するのももったいないですからね。

 いらないものは捨てる。使えるものは使う。すると身の回りのモノが減ります。雑然としていると、モノを探したりする時間の無駄が出ます。それはもったいないことです。

| | コメント (0)

2013年8月21日 (水)

役立つ

 職員会に、研修、そして場所を変えて更に研修とめまぐるしい1日でした。研修の中でプレゼンをしました。学力向上のプレゼンです。1学期末のテストを踏まえて、2学期以降の対策について話をしました。学力向上に関して、県も市も躍起になっています。授業改善が当然必要なのでしょうが、授業改善は既に日々やっていることです。それ以外となると・・・、結局プラスαでプリントをしたりすることになっていきます。何だか、本意でないことを説明し、しかも、それをやって貰わなくてはならないのが、非常にせつないです。でも、仕方ないんでしょうね。今つけている学力(?)が、本当に生きる力となって、将来に役立つのでしょうか。まあ、役立つと信じてやらないといけないのでしょうがね。

 めまぐるしい1日の最後は、教育実習生との打ち合わせです。来月末から実習生が勤務校にやってきます。その方の担当をします。まじめそうな方で、僕にないオーラが出ていました。彼にとって、将来に役立つ実習にしないといけません。そして、それ自体がクラスの子にも良い影響を与えますからね。

 役立たないと。

| | コメント (0)

2013年8月20日 (火)

トップダウン

 ほんの数日前に話題に上がった「はだしのゲン」に関すること。過激な描写は小中学生には不適切として、閲覧制限を各学校に要請していた問題。でも、どうも撤回を視野に再検討されるそうです。つまり、周りの批判を受け入れたという形です。まあ、受け入れざるを得ない状況ではありましたが。というか、こういうことをすれば批判を受けることは想定していたでしょうに。まさかまさかの想定していなかったとすれば、市教委が猛烈に視野が狭い人たちの集団ということになりますから。ん?でも、どうなんだろう?

 教育の世界に限らずでしょうが、政治の世界にしてもトップダウンで指示が降りてきます。こういう場合、納得いくものもあれば、そうでないものもあります。そうでないものも、それなりに説明があれば、納得することもありますが、有無を言わせずといったこともしばしばです。下のものはただ従うだけですからね。でも、納得もいかず、それが正しいかどうかも曖昧なまま物事を進めざるを得ないことって、かなりきついです。ため息しか出ません。ため息が出ることを心をコントロールしながらうまく前へ進めるって大変です。偽善のにおいがしますし。

 でも、それが、本当は正しいのかもしれないし。自分がただ意地を張っているだけなのかもしれないし。

| | コメント (0)

2013年8月19日 (月)

滑稽というか

 先週の宿泊学習のオリエンテーション第2弾です。今日はハイキングコースの下見です。所の方がこの下見は絶対にお願いしますとのことでしたが、その意味が分かりました。ものすごい急勾配です。軍手は必須です。

 それにしてもこの猛暑の中、崖のような山道を上っている姿はちょっと滑稽というか、大丈夫なのだろうかって思います。とはいえ、この企画に参加している学校はそこそこの数でした。この炎天下の中ご苦労なことです。

 まあ、僕はこの山登りの前に、朝ランしてきたのですが。それも滑稽というか、大丈夫なのだろうかって話ですが。でも、今日走った分を合わせて、ノルマの月100km走りました。今月は順調です。

| | コメント (0)

2013年8月18日 (日)

不条理

 松江市が、作品のなかに過激な描写があるという一部の市民からの指摘を受け、「はだしのゲン」を子どもたちが自由に閲覧できない閉架図書にするよう要請。これに市立小中学校が従った問題。波紋がさまざまなところで広がっています。何だか、木を見て森を見ずの典型的なパターンです。「はだしのげん」のおかげで、僕は子どもの頃に、原爆や戦争の不条理について知ることがたくさんありました。今の子どもたちも「はだしのゲン」を読んで、学んでいます。なのにねぇ。悲しいです。

 でも、僕が働いている市で同じようなことが起こった時、どうなるのだろう。市教委は有無を言わさず「こうしなさい」って言ってきます。僕らは、ん?と思いながらも、ただそれに従うことになります。でも、子どもは言ってくるでしょう。「先生、どうして図書室からはだしのゲンがなくなったのですか?」って。これに、どう答えたらよいのでしょうか?松江市の先生はどう答えているのでしょうか?

 さまざまなメディアがこの話題を取り上げている今、松江市の子どもたちは、どう感じているのでしょうか。大人に対して、嫌悪感を抱くのではないでしょうか。大人は、もっとドーンと構えなくてはならないはずなのに。

| | コメント (0)

2013年8月17日 (土)

海から塩を

 上の娘の自由研究の手伝いを。海の水から塩を取り出すというもの。ただそれだけではつまらないので、いくつかの海で海水を取って比較します。ということで、海水浴でもないのに、海水浴場巡りを。

 場所によって塩分濃度は違うらしいです。実際に実験しても結果はバラバラでした。ただ、これは鍋にこびりついた塩の違いも含まれているのでしょうが。

 それにしても、自由研究は大変です。学校の先生は夏休みはたっぷり時間があるからって、自由研究なる謎の(?)の宿題を出しますが、実際には、そんなに時間がないのです。むしろ普段より忙しいくらいです。そんな中での自由研究です。という僕も自由研究の宿題を出していますが。

 まあ、親子での共同作業ができる機会を作ると考えれば、価値があるかもしれませんがね。

| | コメント (0)

2013年8月16日 (金)

 ここ3日、所用で関西方面にいました。盆と重なったので、尋常ない人の数です。人が多すぎて、横断歩道を渡るのもエネルギーがいります。でも、関西に住んでいる方は、これに慣れているんだろうな。

 大阪駅で荷物をコインロッカーに入れておこうと思ったのですが、コインロッカーが1つも開いていないのです。大阪駅には大量のコインロッカーが至る所に設置されています。にもかかわらずです。おそるべき盆時期です。

 盆の時期の駅は、よくニュースで観るような送迎の光景にリアルで触れます。何だかほのぼのとします。

 親孝行しないとって、思いました。

| | コメント (0)

2013年8月12日 (月)

暑くても研修会

 高知県では観測史上最高記録の41度。今日も(というか今も)暑い1日でした。そんな1日でもお仕事です。2学期に宿泊学習でお世話になる施設で研修会がありました。2泊3日するのですが、1日目と2日目前半、2日目後半以降で、その施設を同様に利用する学校があります。その学校同士での打ち合わせもありました。

 この施設は高台にあり、何となく避暑地っぽいイメージが合ったのですが、全くでした。暑いです。研修が終わり、車に乗ると、外気温計が40度を示していました。お風呂の温度です。

 この暑さ、いつまで続くのでしょうか。この暑さが終わった頃、2学期始まりかな。

| | コメント (0)

2013年8月11日 (日)

1/2終了

 昨日、自治会の夏祭りがありました。会場は我が家から歩いて10秒先にある公園です。毎年、焼き鳥の担当です。ひたすら焼き鳥との格闘なので、体中に炭のにおいが染みつきます。今朝はそのにおいで目が覚めました。

 目が覚めた勢いで、昨日の片付けを。会場にはすでに数名人が集まっています。こういう人たちのおかげで、自治会が成り立っているのだと思います。いつも誰かがやってくれているのです。それが当たり前になってはいけませんからね。

 自治会の夏祭りは、毎年8月10日あたりに行われます。この祭りが終わると、夏休みも半分終わったことになります。夏休みが始まる前は、あれもこれもしようって思っていたのに、まだ、ほとんどできていません。悲しいです。まあ、これもいつものことですが。

| | コメント (0)

2013年8月 9日 (金)

ダイラタンシー現象

 お休みだったので、下の娘の自由研究の手伝いを。光の三原色についてすることにしていたのですが、光の色を調節することが難しく断念。そうするとでんじろうさんの本を引っ張り出してきて、片栗粉の実験がしたいとのこと。片栗粉と水を混ぜたものが、圧力を加えるとかたくなるけれども、圧力を加えなくなると、またどろどろしたものに変わるというもの。ダイラタンシー現象というそうです。食べ物を扱うことに抵抗はありますが、夏休みも残り半分です。宿題を早く終わらせなくてはいけません。早速やってみることに。

Dan やってみると、思いの外、面白いのです。圧力を加えた時と加えない時との差がリアルに分かります。この現象は、海辺の砂浜でも起こることです。砂浜を強く踏むと足跡が残るくらいかたくなりますが、足をどけると、砂が一気に崩れ出すものです。ということで、すぐに海に繰り出しました。そして実験を。写真で証拠をとり、これでデータは揃いました。あとはいかにまとめるかです。

 データをひたすら集めてまとめるというこのパターン。何だか、去年の僕みたいです。

| | コメント (0)

2013年8月 8日 (木)

39と40

 健康診断がありました。相変わらず徐脈とのこと。ということで、経過観察。政治的にいうと先送りというやつですね。まあ、特に問題はないのですが。

 40歳になったので、今までよりも健康診断の密度が濃くなりました。心電図などがプラスされます。さらに来年からは胃検診が必須になるようです。バリウムです。30代と40代はえらく違います。

 そういえば、マラソン大会の区分も39歳までと40代とで分けられています。しかも39歳は18歳から39歳という結構大きな区分で分けられています。今後40代区分で走れるので、順位が上がるのではというように感じるのですが、これは違います。市民ランナーの場合、むしろ40代の方が速いことがあります。おそらく経験数の強みでしょう。だからといって、今後自分のタイムが上がっていくとは思えないのですが。

 何はともあれ、40という響きに、まだまだ慣れません。

| | コメント (0)

2013年8月 7日 (水)

夏真っ盛り

 1日出張です。ただ、会場が高校だったせいもあるのでしょうか、クーラーが設置された部屋でした。普段とは比べものにならない程の快適環境の中でした。しかし、外では来年の甲子園を目指した高校球児が汗を流していました。高校生が醸し出す熱気と空気の熱気の相乗効果で、グランドは猛烈に暑そうでした。熱中症にならなければよいですが。

 それにしても今年の夏は忙しいです。ん?最近はいつもかな。

| | コメント (0)

2013年8月 6日 (火)

四十而不惑

 「四十而不惑」。孔子の論語の一節です。四十にして惑わず。つまり、40歳の時に、狭い見方に捕らわれることなく、心の迷いがなくなるということです。その40歳になってしまいました。ということで、心の迷いなく、4時半に起床。まだ空は明けていませんでしたが、20km走ることに。夏場は暑いので、長い距離は敢えて走っていなかったのですが、40歳初日記念として比較的涼しい明け方に走りました。

 次第に空が明るくなってきました。キロ5分ややオーバーのスローな走りでしたが、久々の長距離のせいか、昨晩のビールのせいか(ん?そんなに飲んでいないぞ)、重たい走りでした。それでも何とかリズムに乗れてきたよう。リズムの乗れ出すと、割とこことよく走れるようになります。その頃には、朝日が照りだしていました。

 視野を広げないとって、走り終わった後の達成感を味わっているときには思うのですがね。でも、迷っても仕方ありません。もちろん、迷うことも必要なときもありますが、ごく稀です。もう40年も生きてきたんですからね。

 40年間、さまざまな人に支えられてきましたから。大丈夫です。さあ、僕の人生の41年目スタートです。

| | コメント (0)

2013年8月 5日 (月)

印刷屋さん

 学力向上のための手立ての1つとして、たくさん問題をこなすというものがあります。となるとプリントをたくさん印刷するわけですね。あんまりこういうのは好きではなかったのですが、世の中の流れがそちらへ傾いています。というか、問題がどんどん県のホームページにアップされています。そして、どんどんやりましょう的なPRが盛んにされています。学力向上担当として、これを活用するのが常になってしまうのです。

 若干、いやかなりもう割り切っています。ひたすら印刷です。しかし、印刷となると結構なエネルギーを使います。1学期は何とか時間を見出しては、印刷をしていたのですが、かなりいっぱいいっぱいでした。ということで、夏休みにドバッと印刷をしようと考えていたのですが、後から後からどんどん印刷しなくてはならないものが増えてきました。まるでローンの返済で、利子だけ返しているようなものです。今日も汗だくで輪転機フル回転でした。

 印刷費も用紙代もかなりの額になっているだろうな。これが、本当に学力向上に結びつけば、報われますが。

| | コメント (0)

2013年8月 4日 (日)

トムソーヤの冒険

 図書館へ。家の中でボーッとしていても暑いので。よく行く図書館にはAVコーナーがあって、その場でビデオが観られます。最近では珍しくなってしまったVHSビデオですが、ここでは中心です。いつものようにチャップリンの独裁者を観て、その後、急に観たくなった「トムソーヤの冒険」も観ることに。

Innjan 「トムソーヤの冒険」の中でも特にお気に入りなのは、無実のマフ・ポッターを救うところです。法廷でインジャン・ジョーに対して、トムが、「殺したのはおまえだ~」と激白するのです。いやぁ、たまらなく良いです。その話があるビデオを観ました。何度も観ているのですが、何度観てもドキドキします。それにしても、下手な道徳の授業をするよりも、このビデオを観た方が、友だちに対する接し方や正義感とか、さまざまなことが学べる気がします。

 図書館から戻ったら、畑を耕すことに。ビデオを観た効果ではないですが、何かしなくてはならない気がしてきたので、とりあえず体を動かしました。

| | コメント (0)

20分の奉仕作業

 朝から自治会の奉仕作業です。しかし雲行きがかなり怪しいです。遠くの空でゴロゴロと雷が鳴っています。雨が強くなり出したら終了ということで始まったのですが、20分でザーッと雨が。ということで、あっさり終了です。

 最近は雨が降り出すと、量が半端ないことがありますからね。がしかし、奉仕作業をして、庭の畑を耕すという午前中計画があっさりと崩れました。とりあえず久々にボーッとしようっと。

| | コメント (0)

2013年8月 2日 (金)

ゴールド引退

 免許の更新に行きました。最寄りの警察署でも構わないのですが、即日交付ができる総合交通センターへ。まあ、理由は即日交付というだけではなく、講習を受ける必要があったということもありますがね。何せ、10年維持していたゴールド免許が青免許になってしまいましたから。

 その講習ですが、意味があるようなないような何とも言えない時間でした。優良の更新の時は、交通安全のビデオをただ観ていただけでしたが。で、今回、優良と一般で講習の費用に違いがあることに初めて気づきました。優良は600円くらいで、一般は900円くらいでした。まあ、時間が優良は30分で、一般は1時間ということもあるのでしょうが、講習費用とすれば、結構な額です。当たり前のことをただボーッと聞いているだけで、この額を支払うのですからね。この講習も自分から是非ともという能動的なものではなく、最初っから更新のために決められているものだから文句の言いようがありません。でも、これは何のお金なのだろうか。あの分厚いテキスト代なのだろうか。

 警察庁のホームページの中には、講習のおかげで事故が減ったとか、受講者の満足度が高いといったことが載せられていました。へぇ~、そうなんだぁ~、としか言いようがありません。何だかなぁ。それにしても、本気で講習をするならば、実技にすればいいのに。

| | コメント (0)

2013年8月 1日 (木)

お弁当作り

 家庭科の研修がありました。調理実習です。家庭科の部会の参加者は男子が圧倒的に少ないです。1人の時もあります。しかし、今日は3人も居ました。割合的には1割にも満たないですが多い方です。

 今回のテーマはお弁当作りです。グループごとにお弁当を作ります。まあ、レシピは最初っから決められているので、マニュアル通りに作るだけなので、創造性はゼロですが。大切なのは段取り力ですね。作る中で、栄養士さんが夏場のお弁当の危険性について話をされました。同じ材料でも加熱するとしないでは全然違うとのこと。カボチャサラダもマヨネーズで和えるのではなく、マヨネーズを上に載せて焼くだけで、食中毒を起こす菌を発生させる割合が激減するそうです。あとは保冷ですよね。

 そういえば昔は調理実習でお弁当を作らせたりしていました。最近は時間的にも無理があります。でも、本当の生きる力をつけるためには、お弁当作りは最高の教材なんですけどね。

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »