« 踏ん張りどころ | トップページ | 敬老RUN »

2013年9月15日 (日)

 日曜日ですが、勤務です。参観日でした。日曜日ということで、たくさんの保護者が来ることを意識して、「親と子を考える」授業を。事前にとったアンケートをもとに授業を進めていきます。毎年やっている代わり映えのない授業ですが、親から見る子どもと子どもから見る親にビミョーにズレがあるので、面白いです。

 それにしても、「親」という存在を意識し始めたのは、結局、自分が「親」になってからです。「親」になって初めて、「親」の偉大さを知りました。

 「親」業は日々勉強です。

|

« 踏ん張りどころ | トップページ | 敬老RUN »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 踏ん張りどころ | トップページ | 敬老RUN »