« 咳止めの薬 | トップページ | 前日 »

2013年10月31日 (木)

学力って

 学力向上に日本中が躍起になっています。そもそも「学力」とは学校教育によって習得された能力のことです。学校教育によって習得されるものは国語や算数の力だけではなく、主体性や、協調性なども習得されます。がしかし、そういうモノを測定するのは難しいので、点数化できるもののみが「学力」として見られているところがあります。

 点数化するためにテストを行います。勤務校のある県では、独自のテストが行われました。4月に行われた学力テスト並みの豪華版です。質問紙までついています。それをやる子も大変ですが、やらせた後、集計する先生も大変です。そしてテスト対策と言ったら語弊がありますが、まあ、テスト慣れさせるために、プリントをやらせます。となると、本来やるべきであろう教科書での学習がおろそかになるわけです。しかし、今の流れでは、教科書の内容をがっつりというよりも、問題を解かせることにウエイトを置いても構わないような感じです。それが、何というか活用力を培うことになるっぽいのです。

 確かに問題を解かせることは,大切だし、問題が問うていること自体が、我々がすべき発問とも考えられます。ただ、何だか,どうもしっくりきません。

 本当に、これで良いのかなぁ。

|

« 咳止めの薬 | トップページ | 前日 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 咳止めの薬 | トップページ | 前日 »