« ボーッ | トップページ | まさか »

2013年11月12日 (火)

道徳の行方

 どうも道徳が教科になるような不穏な空気が漂っています。小中学校の道徳教育の充実策を検討している文部科学省の有識者会議は、今は正式な教科とされていない道徳の時間を、「特別の教科」と位置づけ、国の検定を受けた教科書を導入するほか、記述式によって評価することを検討すべきとした見直し案を示しましたようです。さあ、道徳をどうやって評価するのでしょうか。

 内面を評価するのは難しいので、どうしても「見える」ものを評価するようになります。だから、先生の前だけ良い子は、評価が良くなってしまう可能性があります。これは、非常に拙いです。

 道徳は、内面を耕す学習です。教える側も教わる側も評価ばかりに目が行くと、「どぉ~っと、苦」になるような学習になってしまいます。それでは困りますから。

|

« ボーッ | トップページ | まさか »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボーッ | トップページ | まさか »