« 10年研廃止? | トップページ | 猪瀬さん »

2013年12月17日 (火)

ため息

 突然、校長先生からお話が。「この間のテストって、分析したよね?」って。この間のテストとは、県独自で行っているテストのことです。4月に行われる全国学力テスト並みに気合いの入ったものです。分析をして、校内研修でお話をしましたと言うと、学級ごとの分析はしたかとのお尋ねが。それはしていないと言うと、それをしてほしいとのこと。ん?、なぜ?勤務校は1学年2学級です。つまり、クラスでの優劣を公表するということなのだろうか?

 そういうどうも腑に落ちないことを言われると、僕はすぐに顔に出ます。大人になれません。内心、心の中がモヤモヤで気持ち悪かったですが、このあたりの疑問を穏やかに尋ねてみました。校長先生も穏やかな方です。是非とも校長先生がその情報を知りたいというのではなく、市教委からの通達とのことで。でもねぇ。

 平均を出すなら、学年で十分です。寧ろ大事なのは、個別の評価です。誰が何処で躓いているのかを知ることが大切です。そういう情報ではなく、ただのクラスの平均点情報だけなら、大した意味がありません。A学級はできが良くて、B学級はできが悪いという公表が、競争心を煽るとでも思っているのでしょうか。できの悪いところを学年で高め合おうというプラスの作用が働くとでも思っているのでしょうか。高い確率でそんなことはありません。モチベーションが下がり、学年間の不協和を生むだけです。

 校長先生は、とりあえずデータは欲しいとのこと。冬休み明けで良いよって言ってくれたのですが、癪だったので、今日一気に作りました。平均点だけではなく、10点ごとの得点分布表にしました。これでクラス内の実情が少し分かりやすくなります。

 5人いて、4人が10点でも、1人0点なら平均点は8点になります。でも、8点だから、まあ良くできてるって見るのは変な気がします。この8点に意味があるのではなく、0点の子をどう支援するかです。そのためにテストってやってるのじゃないのかなぁ。何だか、ため息が出ます。でも、何が正しいのか、最近ちょっと分からなくなってきました。

|

« 10年研廃止? | トップページ | 猪瀬さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10年研廃止? | トップページ | 猪瀬さん »