« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

画期的なホワイトボード

 授業でよくホワイトボードを使います。とはいえ、本格的なホワイトボードではありません。B4のクリアファイルに、白い紙を入れただけのものです。これがなかなか良いのです。ホワイトボードの代わりになるのです。

 自分の考えを書いて説明用に使ったり、それを元に話し合ったりと、多用に使えます。クリアファイルなので、1人1枚でも安価で用意できます。問題はペンですが、100円ショップに2本で100円(税抜き)で売っています。しかも消すもの付きです。

 このアイデアは僕が編み出したわけではなく、人から聞いたのです。人の忠告は素直に聞き入れないといけません。最近、特にそう思います。

| | コメント (0)

2014年4月29日 (火)

Akasi  勤務校は5月に運動会が行われます。今回は組体操を主で指導します。主で指導するのは、もう15年ぶりのことです。組体操は、ある程度の型がありますが、最大の難関の1つが曲選択です。同ブロックの体育主任に曲をチョイスしてもらいました。ここで挙がった曲が2つ。ファンキーモンキーベイビーズの「ありがとう」とflumpoolの「証」。音楽的素質ゼロの僕にはこの優劣が決められず、娘たちに聞かせると「証」の方が組体操には良いとのこと。ということで、「証」でいくことに。この歌、NHK全国学校音楽コンクールの課題曲になっただけに、なかなかの歌詞です。特に好きな部分がココ。

 君の指さすその先に希望があるはずさ
 誰にも決められはしないよ
 1人で抱え込んで 生きる意味問うときは
 そっと思い出して あの日の僕らを

 負けてたまるか!って、この歌詞見ながら鼓舞している自分がいます。誰が決めるわけでもない、自分が決めるんだから。今までそこそこ積み上げてきたんだから、自信をもって。でも、謙虚に。

| | コメント (0)

2014年4月27日 (日)

土曜日どうなるの?

 朝日新聞の社会面に「土曜授業じわり復活」という記事が。
 公立学校が完全週休2日になって12年。文部科学省が、「土曜日の学習」を再び唱え始めた、と書かれてありました。そもそもなぜ土曜授業復活なのかというと、文科省曰く「土曜日を無為に過ごす子が多い」とのこと。これは昨年の全国学力調査の際、行われたアンケートからのものです。土曜日の過ごし方を尋ねたところ、2割前後の子がテレビを見たら、ゲームをしたりすると答えたそうです。2割前後です。なら、8割前後の子は、そうではないということです。ある意味、すばらしい数字です。なのに、文科省は2割を問題視しているわけです。

 本当に土曜日まで学校にきた方が良いのでしょうか。それが子どものためになるのでしょうか。土曜日を復活させることで、今と何が変わるのでしょうか。ただ単に、教師も子どもも負担が増え、ヘロヘロになるだけのような気がしますが。さしあたって僕は、走れる日が減るので、心のバランスが上手く取れず、劇的にヘロヘロになるような気がします。 

| | コメント (0)

久々の20km

 久々に長めの20kmを。気持ちゆったり走るのですが、そのペースが精一杯。徐々に体は慣れてくるものの、それ以上の前進もなく。それにここ最近、左膝の状態が芳しくないです。サポーターをつけて走っているので多少緩和されますが、多少ぐらいです。まあ、心の健康のために走っているので、別に遅かろうが速かろうが、あんまり関係ないのですがね。

 とはいえ、来週ハーフの大会があります。過去2度は1時間35分、1時間34分となかなかのタイムでした。今回もそのあたりを目標にはしますが、難しいかな。とりあえキロ4分45秒の1時間40分切りくらいは目指そうっと。

| | コメント (0)

2014年4月26日 (土)

研修体験

 秋に行う宿泊学習の体験会がありました。同学年の先生と研修先へ。そこでのウリが、エンカウンターのようなもの。名称はその研修先独自のものだし、そこでしか味わえない(?)というものらしいのですが、よくある人間関係づくりです。なぜかそこで宿泊学習を行う際には、この研修会に参加しなくてはならないというシステムのようで。

 確かにこのような人間関係づくりの体験は面白いです。初めて出会った人とでも意気投合できる機会が与えられます。心も和やかになります。ただし、どうしても疑問に思うことが2つあります。1つは、こうした人間関係づくりが善であるという前提で物事が進められること。もう1つは、これは継続して行う必要があること。

 活動が終わった後、「今日の活動は、子どもたちにとってどのような効果があると思いますか?」という質問がありました。確実に効果があることが前提の上で話が進められています。確かに利点はあります。しかし、そうでない点も場合によっては生じます。だから、活動ありきではなく、子どもたちの人間関係をこうしたいから、この活動を仕組むといった順でないと難しいなぁって思いました。また、とりあえず活動をすれば一時的に効果が見られるとは思いますが、持続するとは思えません。だから、継続的に取り組めるもののほうが良いように思います。確かに、その場でしかできない経験は大きいですが、子どもたちが学校生活のほとんどを教室で過ごすわけですからね。

 と、いろいろとマイナスで考えても仕方ないので、折角の機会をプラスにしないと。

| | コメント (0)

2014年4月24日 (木)

寝違え?

 右の肩甲骨がやたら痛いのです。寝違えたのかなぁ。ネットで検索すると同様の症状が書かれていますが、起きてから違和感を覚えたというよりも、勤務校で算数の授業をしているときに痛みを感じ始めたのですが。肩をのばすストレッチをしてはみたのですが、いっこうに改善せず。ということで湿布を貼っています。

 ランニング用に購入した湿布がまさか寝違えにも利用されるなんて思ってもなかったのですが。まあ、何はともあれ早く治ってくれないかな。

| | コメント (0)

2014年4月23日 (水)

裏方

 研修主任の仕事の一つに講師招聘というものがあります。要するに講師捜しです。とはいえ、僕は人的ネットワークがそうあるわけではありません。とりあえず周りの先生方から情報を集め、この方はという人に電話をしてみました。すると、諸事情で却下されました。で、他の先生を紹介していただきました。後日、紹介していただいた先生にアポを取ると、またまた却下。そして、また他の先生を紹介していただきました。と、完全にたらい回し状態です。

 こんなたらい回しが何度か続いて、ようやく講師を受けて下さった方がいました。僕の家の近所に住んでいる方です。顔見知りではありますが、そんなに交流があるわけではなく、実に微妙な気分です。がしかし、自分の感情なんて言ってられません。大感謝な話です。

 それにしても、何だかこういう裏方仕事は大変です。でも、こういう仕事を今まで誰かがしてきてくれたおかげで、「研修」というのが成り立っていたんでしょう。その誰かを今、たまたま僕がやっているというだけの話です。

| | コメント (0)

2014年4月22日 (火)

全国学力状況調査

 全国学力状況調査がありました。明日の新聞でも多少は取り上げられるでしょうが、国語Bはかなり難しかったようです。算数が割と平易な問題だっただけに、その差が激しく感じました。ただ、これからの子どもたちにつけなくてはならない力がB問題を解く力です。難しいねとは誰だって言えます。その難しい問題を解かせるようにさせるのが学校の先生の仕事です。

 とはいえ、なかなか厳しいところもあります。教科書の問題をかなり逸脱しているような感じもします。力をつけるならば、教科書以外のこともしていく必要があるように思います。来年度は教科書が改訂されますが、そのあたりのことも盛り込まれるのでしょう。でないと、教科書の立場がなくなってしまいますから。

 ともあれ、6年生と中3の皆さん、よくがんばりました。

| | コメント (0)

2014年4月21日 (月)

双六

 5年生の社会で、国土を勉強します。世界における日本の位置や各国のある程度の地名、そして日本の領土など。覚えることばかりです。となるとどうしても受動的な学習になりがちになります。そこで、双六を作ることに。題しまして「世界一周双六」。

 教科書に載っていた20カ国と日本の東西南北の端の島の4つの合わせて24をマスにした双六を作ります。A3の世界白地図と500円玉大に切り取った色画用紙24枚を渡します。それらを活用して、自由に双六を開発していきます。こうすると自然と国や島の位置を調べなくてはなりません。しかも、この双六をしながら、位置を覚えていきます。楽しみながらできるます。しかもグループの協力度が増します。一石二鳥どころか、三鳥にも四鳥にもなります。

 こういうアイデアはたいてい走りながら編み出します。走っていると頭がスッキリして、視野が広がります。だから週末は走る必要があるのです。

| | コメント (2)

2014年4月20日 (日)

金縛り

 昨日の夜、金縛りに遭いました。こういうことがたまにあります。寝ているときに体が動かなくなるのです。意識はあるので、「あっ、金縛りだ」って他人事のように思うのですが、体が動かないので気持ち悪いです。「うりゃ~!」と言って、その状態をふりほどきました。

 金縛りに遭う原因をネットで調べると4つ書かれていました。①睡眠不足②疲れやストレス③時差ぼけ④仰向けで寝ていることって。③と④は関係ないです。①もいつもに比べたらそうですが、一般的に考えればよく寝ている方です。敢えて当てはまるのは②ですが、昨日は土曜日だし、走ったとはいえ16kmしか走っていないし。まあ、それなりの蓄積した疲れやストレスがあるのかもしれないけれども、自覚症状ゼロです。

 ただ、睡眠のリズムが悪かったんだろうなって気はします。ノンレムとレムがかみ合わなかったような感じです。今日も走って、そこそこ飲みました。生活リズムは昨日と同じです。今日はかみ合うかな。

| | コメント (0)

2014年4月19日 (土)

参観日 

 昨日は参観日でした。新年度最初の参観日ということで、独特の雰囲気が漂っています。こういう中で授業をするのは結構楽しいです。1番最初の参観日に何を持ってくるかというのは、結構考え処ではあります。僕はよく道徳や家庭科といったややマニアック系(?)をもってくることがありました。これは教科の特質もあるのでしょうが、全員が同じスタートラインに立てて、自分の考えを持ちやすいという面があるからです。おうちの方は、自分の子どもががんばっている姿を見に来るわけですからね。がしかし、最近はノーマルな国語や算数にしています。メジャーな教科で、今学んでいる内容を伝えるためでもあります。で、今年は算数で。

 体積の導入です。パワポを使って視覚的に示していきます。この時間のポイントは1㎤が□個あるから体積が□㎤という表現を身に付けることです。子ども達に自由に立体を作らせ、それを写真で撮り、それをプロジェクタで映して、問題にしていきます。繰り返しやったので、しっかり身に付いたようです。こういうことを体感すると、いちいち数えなくてはならないめんどくささを味わい、そうしなくても良い方法を導きたくなります。それが次時につながります。

 ただ、使う1㎤のブロックは20個までという条件にしたのですが、ほぼ全員きっちり20個使っていたので、ほとんど「1㎤が20個なので、体積は20㎤になります」というセリフになってしまいましたが。あらら。

| | コメント (0)

2014年4月17日 (木)

ズレ

 僕はかなり早寝の方です。たいてい10時くらいには寝ていました。ところが最近は遅いです。日をまたぐときもあります。今日もあと20分で日をまたいでしまいます。なぜか。それは単に帰りが遅いからです。帰りが遅いので、全てのことに時間的ズレが生じます。で、結局、寝る時間も遅くなるというわけです。まあ、4月は仕方ないでしょう。でも、本当に今だけなのかなぁ。

 ただ、忙しいんだけれども、その中で、前向きになれる出来事があったり、ステキな出会いがあったりしました。これらはやるべき事が増えたからこそ巡り会えたことでもあります。 やっぱり今という状況は、結構幸せなのかもしれません。なかなか眠りにはつけませんが。

| | コメント (0)

2014年4月16日 (水)

船出

 第1回目の校内研修会がありました。今まではある意味お客さんとして参加していたこの回。がしかし、立場が主任なので、そういうわけにもいきません。自分自身が研修内容を理解していないところもあるので、きちんと説明できるようにパワーポイントを用意。何とか説明できました。

 しかし、まだ序の口です。これからです。講師を呼んだこと経験もないし、そもそもそういった人的ネットワークもないし。まあ、逆の発想で考えれば、これから学べるということでもあります。

 保守的発想からは何も生まれません。攻めないと。って、ちょっと強がってみました。本当は不安でいっぱいですが。でも、もう船は出てしまいました。漕がないと。

| | コメント (0)

2014年4月15日 (火)

平静 

 前任校で同学年を組んだ先生が、別の学校で働いているのですが、その先生の情報を小耳に挟みました。何だか、クラスが大変そうなのです。ということですぐさまメールを。すると返信が。「決して忘れられない年になりそう」って。でも、この先生は猛烈にステキな方です。そのステキさに子どもたちも取り込まれるはずです。

 何だかみんな大変です。今日は9時過ぎまで学校にいましたが、まだ僕以外にも職員室にいるからがいるのです。14時間勤務です。労働基準法に反しています。まあ、僕たちには子どもたちのがんばりや成長が見られるといった働いた見返りがあるから、何とか平静を保てるんですがね。

| | コメント (0)

2014年4月14日 (月)

コツ

 教科書事務はパソコンで処理するようになっています。がしかし、この処理の仕方がかなりややこしいのです。ということで、図書主任の方から視聴覚主任の僕に依頼が。とはいえ、僕もいまいちよく分かりません。ということで、担当の市教委の先生に直接電話をして聞くことに。この先生、僕の同級生です。

 その先生曰く、貼り付け方に「コツ」があるとのこと。貼り付け方を誤れば、貼り付いた物を取り除くことができなくなるとのこと。既に取り除けない状態で電話をしたので、1からやり直しに。あらら。

 それにしても、「コツ」といえば、小保方さんの会見にも登場してきました。何だかここ最近毎日取り上げられていますが、僕は、彼女はとても立派な方だと思います。会見で、その「コツ」を根掘り葉掘り聞き出そうとする方もいられましたが、そんな簡単に説明できる「コツ」なら、それは「コツ」とは言いません。パソコン処理の仕方が分からないがために市教委の先生に尋ねる「コツ」とは、次元が違うのだから。でも、質問する人はSTAP細胞をそれと同等と思っているようですが。

| | コメント (0)

2014年4月13日 (日)

雨止まず

 土日に仕事をするつもりはさらさらないのですが、ここ最近はよくしています。しかも今日は雨で走れないので、ずっとパソコンとにらめっこ状態です。

 研修のことをやっていました。個人的な研修ならどうでもって言ったらよくないですが、まあ自分だけの問題です。しかし、校内研修となると全職員が関わってきます。だからうまく説明できるようにとプレゼンを作っていました。とはいえ、他の先生方のためというよりも、自分自身の頭を整理するためです。自分自身が研修についていまいちよく分かっていないですからね。

 外はまだ雨が降っています。今日は止まないのかなぁ。Wiisportsでもしながら、家の中で走ろうかな。

| | コメント (0)

2014年4月12日 (土)

配慮

Yahoo!のニューストピックスに気になる記事が。

 「長野県内の公立小学校で今月初めの入学式での新入生の集合写真をめぐり、同校にも通うことになった特別支援学校のダウン症の男児が外れた写真と、加わった写真の2種類が撮影された。校長が男児の母親に対して提案した。校長は「配慮が不足していた」として男児の両親におわびした。
 母親は「今は、私たちを他の児童と同じように受け入れてくれているので感謝している」と話す。
 母親によると、男児はこの春、特別支援学校小学部に入学。同時に、地域の児童との交流の一環で地元の小学校の授業や行事にも月に1、2回参加することが決まった。小学校の教室に男児の机も置かれ、クラスの一員として受け入れられることになった。」

 この記事のタイトルが「ダウン症児外し入学式写真 長野の小学校、校長がおわび」だったので、わざと外したのかと思ったのですが、記事の内容を見る限り、このダウン症児の在籍は特別支援学校のよう。わざと外したわけではないようです。で、その校長先生のおわびが何に対してなのか。一般的に考えれば、加わっていない写真だけで済むことです。在籍しているわけではないので。だから、配慮が不足していたというのは、加わった写真まで撮ったということなのかな。でも、タイトルから考えるに、加わっていない写真を撮ったことが問題のようです。ん?

 まあ、この文面だけでは分からないもっと深い事情があるのかもしれません。何だか、さっきブログで書いた件もそうですが、学校って厳しい目で見られてますよね。

| | コメント (0)

優先順位

 担任が息子の入学式に出席するため、自分が勤める学校の入学式に欠席したということがちょっと話題になっています。僕も一応教員という立場なので、興味のある話題です。その学校のある県の教育長は、「生徒が安心して高校生活をスタートできる体制づくりと心配りに努めてほしい」と校長会で注意を促したそうです。また、来賓として入学式に参加していたある県議は「担任の自覚、教師の倫理観が欠如している。欠席理由を聞いた新入生たちの気持ちを考えないのか。校長の管理責任も問われる」と憤慨しているようです。県教育局は「教員としての優先順位を考え行動するよう指導する」そうです。

 まあ、これは急な出来事ではなく、その担任の先生が自分の息子の入学式に参加するというのは事前に分かっていたことです。なら、最初っから1年生の担任ではなく、別の学年の担任にっていう考えもあります。ただ、その学校なりの事情というのもあります。

 教員に限らず、他の職種でも仕事の都合で入学式に参加できない親御さんもたくさんいるでしょう。でも、学校の先生って、運動会や卒業式といった子どもの主行事が結構かぶりますからねぇ。教員としての優先順位かぁ。

 こういう記事が出ると、教員は我が子の学校の行事に行きにくくなりますね。我が子の参観授業を見に行ったら、勤務校をほったらかしているのかって思われるし。そういう場合に、自習にすることなく対応できるような学校の態勢が求められるのでしょうね。でも、そんなゆとりが学校にあるわけありません。結局、我が子に「ごめんね」って言わざるを得ないんでしょうね。

| | コメント (0)

2014年4月10日 (木)

上手に

 今週、帰宅時刻がほぼ9時です。かなり拙い状況です。それでも仕事が回りきっていません。今年度組む同学年の先生は新採2年目の方です。若いですがエネルギッシュで、何でも吸収しようとする謙虚さがあります。その先生と「6時半には学校を出よう」と目標を立てたのですが、一度も守れずです。しかも彼女は、僕よりも帰りが遅いです。抱えている仕事が多すぎです。

 先生に元気がないと、子どもにも影響します。先生が元気であるためには、それなりの心の修正がいります。忙しさに流されて、心を修正せずに次の日を迎えてしまっているところがあります。深呼吸、深呼吸。

 とにかく、上手に仕事をこなそうっと。

| | コメント (0)

2014年4月 9日 (水)

躍起

 この猛烈に忙しい時に出張です。学力向上の関係です。行ってみたら、どうも校長先生っぽいかたばかりです。何だかなぁ。

 今はどこも学力向上に躍起になっています。2週間後に迫った全国学力学習状況調査がひとつのキーになっています。すでに6年生は過去問を何度も解いています。答えを覚えています。それでも対策としてやっています。受験より質が悪い感じがします。

 ただ「数値」で表されると、分かりやすいですからね。曖昧さが魅力の教育界でしたが、曖昧が故に甘えもありました。まあ、何が良いのか今いちよくわかりませんが、とりあえず、明日をがんばろうっと。

| | コメント (0)

2014年4月 8日 (火)

不具合を対処

 新学期がスタートしました。今年も5年生の担任です。しかも昨年度と同じく5年2組。とはいえ、教室の配置が換わったので、位置は昨年と違います。さて今年は何をしようかとちょっぴりワクワクしています。がしかし、悲しいことに学級に関わることが全くできていません。というのも、研修と視聴覚の仕事が多すぎです。とりわけこの時期はパソコンに関わる諸問題がやたらと出てきます。まあ、そういう不具合に対処するのが僕の仕事ですからね。「できません」「わかりません」っていうのは簡単です。でも、どうにかしてできる形にもっていかないと。

 今年度から新たに校長先生になってしまったSHOさんから教えてもらったこと、「パソコンのトラブルを相談されたらラッキーと思うこと。そこで新たなことが学べるから」。その言葉だけを心に刻みながら、今日という1日を過ごしました。どうにかして不具合を形にできました。時にはあきらめることも大切でしょうが、あきらめたら終わりです。

| | コメント (0)

2014年4月 7日 (月)

曲がりくねった道

 僕は今年度は研修主任と視聴覚主任の両方を兼ねます。兼ねなきゃならないほど小さな学校ではないのですが、まあ、そういう立場になったということでしょう。できる限り前向きにとは思っているのですが、なかなか厳しいです。

 こういうときに刺激になるのが、夢を実現する今日の一言のメルマガ。今日の言葉は、

 道は曲がりくねっているほど面白い
 まっすぐだったら眠くなる

 確かにそうだ。しかし、曲がりくねりすぎている道は、運転をすると肩を凝ります。でも、それくらいの緊張感も必要なのかもしれません。

| | コメント (2)

2014年4月 6日 (日)

温泉

 久々に走ることに。今日は海岸沿いをゆっくりと。風が強く飛ばされそうでしたが、7.5kmを心地よく走れました。今日走った場所のすぐ近くに温泉があったので、そのまま直行。値段が510円という中途半端感満載に。消費税恐るべきです。

 温泉から海が見えます。海をボーッと見ながら、汗だけでなく、モヤモヤした気分も流すことができました。少し心が軽くなりました。

 さあ、いよいよスタートです。なるようにしかならないんだから。

| | コメント (0)

2014年4月 5日 (土)

ゼロに向けて

 土曜日ですが、今のこの時間も珍しく仕事をしています。新年度だからではあるのですが、今までの新年度とはちょっと違います。うれしいことに(?)分掌をたくさんいただきました。今まで2人でされていた仕事を1人でやっています。校長先生に「本当に2つもやるんですか?」って聞いたら、明確な答えはいただけなかったのですが、結局、やることに。あらら。

 というわけで、今やっているのは学級事務ではなく、分掌の仕事です。その中でも最も重たいのが研修の仕事です。新年度にこんなに分掌の仕事をしたことはありません。たいてい前年度のことを元に作ればいいだけですから。しかし、研修は前年度のままというわけにはいきません。前年までの研修主任曰く、「研修はゼロからのスタートだから」って。またまたあらら。

 研修の仕事は初めてなので、ゼロというよりかは、完全にマイナスからのスタートです。とりあえず、マイナスが取れてゼロというスタートラインに立たないと。でも、いつ立てるんだろう。

| | コメント (0)

2014年4月 2日 (水)

迷惑な話

 学校の先生が事件を起こすと、結構な話題になりますが、今回の件は、情けないを通り過ぎて、ため息しか出ません。大阪のある先生が電車内で女性を触ったとして現行犯逮捕されました。で、この先生、昨日付で採用されたばかり。今日は新任研修に向かう途中だったとのこと。女性が眠っていたからと容疑を認めているそうです。

 この先生、おそらく数日後には初々しい姿で教壇に立つ予定だったろうに。学校名も公表されています。しかし、その先生の顔を児童も保護者も知らないでしょう。知らないんだけれども、昨日と今日はその学校の先生だったわけです。

 ものすごい迷惑な話です。

| | コメント (0)

2014年4月 1日 (火)

8%到来

 100円ショップに。新年度はいつもお世話になる場所です。そこでシール磁石を購入。レジでお金を払う段階になって、思い出しました。今日から消費税は8%です。今日は200円分購入なので、216円支払うことになります。昨日までと6円違いますが、結構な違いです。個人規模ではなく、日本規模で考えると、全員が今日6円上乗せすると考えると1億2000万人×6円で7億2000万円になります。

 有効に使っていただきたいですよね。でも、そのうち10%がやってきます。、200円の物を買うと220円払うことになります。電卓が入りますね。

| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »