« 音響 | トップページ | ジョッキ生 »

2014年5月26日 (月)

後出しジャンケン

 AKB48の握手会で、メンバーら3人が切り付けられ負傷した事件。ワイドショーの格好のネタになってしまっていますが、逮捕された容疑者は「人を殺そうと思った」「誰でもよかった」などと供述しているそうです。全く迷惑な話ですが、世の中にはこういう人がいるのです。困ったものです。

 で、こういう事件が起こったので、握手会そのものの在り方について、様々なところで意見が出されています。そこで話題に挙がるのがたいてい、「以前から、何か起こるのではないかと思っていた」といったもの。アイドルと直接触れることができるだけに、危険性も考えられるということ。しかし、こういう意見は完全に後出しジャンケンです。そんなことはみんなたいてい想像ついていたし、そのためのセキュリティもそれなりに講じていただろうし、何より、コンセプトそのものがAKB48は「会いに行けるアイドル」なのです。事件が起きてから、やっぱりまずいよねぇ、という発想自体まずいように思います。

 何か起こってから、やっぱり○○よねって、上から目線の他人事ごとの極みです。いじめられている人を見て見ぬふりしている人にもこの発想の人がいます。そしていじめられている人に何かあったら、こう言うのです。「やっぱりやりすぎよね」って。

 後出しジャンケンは卑怯です。

|

« 音響 | トップページ | ジョッキ生 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 音響 | トップページ | ジョッキ生 »