« わさび | トップページ | 靴購入 »

2014年5月29日 (木)

ロールプレイを取り入れて

 調理実習前の学習をしました。従来は教科書に書かれてあるレシピに沿って作り方を確認し、いざ本番を迎えるといった形でした。でもこれならかなり受動的です。できれば自分からレシピを調べたいという能動的な流れにしたいモノです。そこで、キューピー3分クッキングのようなロールプレイングを取り入れました。

 作るモノ(温野菜のサラダ)と材料(人参、ブロッコリー、キャベツ)だけを提示し、これであなたならどう温野菜のサラダを作るかをノートに書かせました。子どもたちは、今まで生きてきた中での経験や知識を使って、自分なりのレシピを書いていきます。そして、僕がアシスタント役、子どもが料理人の役として実演します。

 ここでのポイントは見ているギャラリーです。実演の中で必ず1つはレシピの良いところを見つけるように指示しました。ロールプレイで演じる子たちは、奇想天外な調理をします。アシスタントの僕が「先生、このままゆでるんですか?」とか「先生、皮はむかないのですか?」と突っ込んでいきます。教室中が爆笑に包まれました。

 ここからが学習です。ギャラリーに良かったところを聞いていきます。すると、「切る大きさを言ったのが良かった」「ゆでる順番を言ったのが良かった」など、ポイントをよく見ていました。立派なモノです。そして、では実際にどうやって作るのだろうと指示すると、一斉に教科書を見始めました。かなり能動的に動いた瞬間でした。

 さあ、来週、実際に作ってみます。

|

« わさび | トップページ | 靴購入 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わさび | トップページ | 靴購入 »