« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

上半期終了

 6月最終日です。1年の半分が終了です。今振り返ると、いろいろなことがありすぎて、パンクしそうな日々でした。ただ、パンクせずに済んだのは、結局、周りの人に救われたからです。

 いつも支えられてばかりです。後半はちょっとは恩返しをしないと。

| | コメント (0)

2014年6月29日 (日)

気分転換

 朝から仕事です。というか、昨日の夜もずっと仕事です。最近仕事大好き(?)人間です。ということで、気分転換に走ることに。気分転換というと聞こえは良いですが、現実逃避というか、アイデア模索のために、しばし路上へ。

 16kmを走ります。最近、体が重く、スピードの乗った走りができません。今日も同じような感じでした。でも半分くらい過ぎたあたりから少しスピードの乗り始めました。乗り始めると体が軽くなります。坂道もスイスイいけます。良い感じです。がしかし、今日は結構な暑さです。後半、暑さにやられました。一気にペースダウン。でも、全行程をキロ5分くらいで走りきれました。

 いい汗をかくと、体がスッキリします。解決策が見つからずモヤモヤしながら走っていたのですが、モヤモヤが取れました。決して解決策が見つかったわけではありません。考え方が変わったのです。行き詰まると視野が狭くなります。広~い視野で物事は見なくてはなりませんね。って、思えるのは今だけで、夜になるとまたモヤモヤするのでしょうが。しばしの休息です。

| | コメント (0)

2014年6月28日 (土)

バトン

 たまたま娘が走っているリレーの様子を見ながらふと思いました。バトンが100mの長さなら、世界記録が出るのではって。ここでは「そんな長いもの持てないだろう」「1走と3走はカーブを走るのに」っといった邪念(?)はすべて排除します。100mあれば、1走から2走へはいっと渡し、2走から3走は渡されたバトンをそのまま振り上げると100m先に渡ります。以下同じです。あまりにもくだらないのですが、何となくそんな画を描いていました。

 がしかし、衝撃的な事実が。バトンの長さって決められているようです。28cm~30cmって。そうなんだぁ。それにしても、バトンパスの善し悪しで、リレーは変わるモノです。長さは関係ないのでしょうね。

| | コメント (0)

2014年6月26日 (木)

エアコンって難しいのかな

 千葉市議会でのこと。市立小中学校と特別支援学校の教室にエアコンの設置を求める請願について、「耐える能力も必要」「トイレ改修が先」などとして不採択にしたそうです。請願書は「扇風機では限界を超えた暑さに太刀打ちできない。学習環境を整え、学習に集中できるように」などと、熱中症予防策としてエアコン設置を求めていたのですが。本会議に先立って請願を審査した教育未来委員会では、自民党議員が「環境への適応能力をつけるにはある程度、耐える能力を鍛えることも必要だ」と発言したようで。共産党を除く全会派が「老朽化したトイレの改修を優先すべきだ」などを理由に反対に回っていたようです。

 まあお金が掛かることです。千葉市の場合、全ての教室につけるとなると76億円かかるそうです。がしかし、「耐える能力を鍛える」ってどういうことなのだろう。ここ最近、夏は熱中症で体調を崩す人が多く、中には亡くなる人もいるというのに。昔と環境が違います。適応能力を培うよりも、適応できる環境を整える方が理にかなっているような気もしますが。

 でも、ここは大人が手本を示さないと。そういう発言をされるのであれば、議会を行う議場内はエアコンなしでしょうね。大人がのうのうと心地よい環境の中にいて、子どもは耐えなさいでは通用しないでしょ。

| | コメント (0)

2014年6月25日 (水)

営業マン

 校内研修の日です。今日はブロック研修の日です。勤務校では、学年ブロックごとに研修計画書を作成し、それに沿って進めていきます。で、その計画書に書く内容についてプレゼンで説明をしました。このプレゼンは事前に校長先生にも見ていただきました。校長室で、横に並んで説明したので、第3者から見れば、完全に営業マンです。

 プレゼンの内容は、4月に行われた全国学力調査の分析結果から見える課題です。県の偉い方がおっしゃっていたのですが、これからの研修は、学校の課題からアプローチする必要があると。その教えに忠実に従った形です。そして誤答から分析して見えた勤務校児童の課題が、情報を整理したり、適切な情報を選択したりする力です。つまり情報が複数あったときの対処です。これって僕らが見落とすというか、あまり深く触れなかったところでもあります。例えば、割り算の文章題で数字が2つ合ったら、その意味も考えず適当に掛けたり割ったり、三角形の面積で、3辺ともに長さが記載されていたら、全て掛けたり。これらは、ただ単に、やり方をうろ覚えしているだけで、習得しているモノを使いこなせていないのです。

 といったことをプレゼンしたのですが、やっぱり研修主任ってイヤな役です。自分1人がかぶるのは何の問題もないのですがね。でも、もうそういうわけにもいかない年齢ですからね。

| | コメント (0)

2014年6月24日 (火)

いつの間にか夏至過ぎた

 いつの間にか夏至が過ぎていました。とはいえ、日の入りが最も遅くなるのは、だいたい夏至から1週間後くらいだそうです。ここ最近、7時過ぎても結構明るいです。時間の感覚が何となくズレます。

 朝も結構早い時間帯から明るいです。明日はみんな5時には起きるのかなぁ。5時はもう明るいし。結果は明るくなるかどうかは分からないけれども、4年間の集大成が発揮できれば良いですね。

| | コメント (0)

2014年6月23日 (月)

鈴木さん

 東京都議会のヤジ問題。石破幹事長を始め、週末の様々な方の発言から、何となく週明けにはヤジを言った人が名乗り出るのだろうと思っていたら、やっぱり出ました。で、何となく雰囲気として漂うのが、この方1人を悪者としてつるし上げ、この問題に幕を引こうとしているのが。この方は氷山の一角です。この方の発言に対して、周りで多くの方が笑っているのです。この笑った方たちも同罪です。そして、この方が発言したと言うことを知っていたにもかかわらず、黙っていた人も同罪です。議会を漂う雰囲気自体、臭い物に蓋的発想を感じます。臭い物はバンバン放つのに。

 この発言をした鈴木さんという方。なぜこうした発言をしたかというと、記者会見では「塩村さんを誹謗するためではなかった。単に早く結婚してほしいという思いで発言した」と言っています。まあ、その記者会見で、自身が発言をしていないと嘘をついたことを認めているので、この発言も真意が定かではありません。ただ、本当に早く結婚して欲しいなんて思った上での発言なのでしょうか。本当にそうだとしたら、東京都議会というかなり公の場で、個人に対して「早く結婚しないのか」とわざわざ大きな声で聞いたことになります。こんなの面白すぎです。ごく一般の大人は、公の場で、そういう発言は慎みます。なぜなら、当たり前だからです。

 こういう姿を子どもに見せて良いのだろうか。いや、むしろこれを教材にした方が良いのかも。

| | コメント (0)

2014年6月22日 (日)

ブラックニッカクリア

Photo ビール(僕の場合、第3のビールですが)と同様にハイボールが美味しくなるシーズンになってきました。いつも角瓶を買っています。結構すぐなくなります。700mlで1100円くらいするので、消費税やガソリンなどさまざまな価格が上昇している現在、痛いところです。まあ、飲まなきゃいいって話ですが。

 で、お酒を売っているところに行くと、角瓶よりも安価なウイスキーは結構あります。今回、角瓶の半値近い「ブラックニッカクリア」というものを買ってみました。それでハイボールを作ってみると、そこそこ美味しかったです。ビールと第3のビールの関係のように思えば、全くもって違和感なしです。

 まあ、ウイスキーもピンキリで角瓶も安価な方なのかもしれません。それよりも安価なブラックニッカクリア。ウイスキーの味を楽しむというよりも、ただカブカブ飲む僕には、こっちの方が適しているのかも。

| | コメント (0)

2014年6月21日 (土)

スコーンと

 2週間ぶりに走ることに。とはいえ、いろいろやることがあって短めの11kmを。大体このコースを走ると調子が良ければ50分くらいで走れるのですが、今日は全くペースが上がらず。というか、最近いつもこんな感じです。で、結局、59分20秒と、ギリギリ1時間を切った感じ。でも、走ると思考がスッキリして実に良いです。

 走っている間にいろいろなことを考えます。まあ、たいてい学校のことなのですが。今週末も悲しいかな、仕事を持ち帰りました。その仕事のことを考えていました。走っているとそれなりにアイデアが浮かぶものです。これって面白いモノで、不意にスコーンと頭に入ってくるのです。なので、一応(?)、そのあと仕事が捗ります。

 しかし、まだ仕事が終わりません。明日も走った方が良さそうです。

| | コメント (0)

2014年6月19日 (木)

黙り

 昨日の東京都議会でのヤジが波紋を広げています。塩村文夏議員が、女性の妊娠・出産をめぐる支援について質問している最中、「結婚した方がいいんじゃないの?」とヤジが飛びました。これは映像の中の音声でも残っているので確実な証拠です。この発言自体、明らかにセクハラ発言です。しかし、いまいちよく分からないのが、この発言を今現在、誰が発したのかがわからないということです。

 言った本人は分かっているはずです。その周りで聞いていた人も分かっているはずです。すでに証拠が残っています。今更言い逃れはできません。潔く名乗り出るべきです。周りで聞いていた人も、誰が発言していたのか分かっているのであれば言うべきです。なぜなら、東京都の代表として選ばれた人たちだからです。いわば公人なのです。一般の方とは少し意味合いが違うのです。

 こういう問題が起こったとき、小学生でも素直に「ごめんなさい。僕が言いました」って、手を挙げられます。大人がいけないことをして黙りでは示しが付かないでしょ。

| | コメント (2)

2014年6月18日 (水)

抜本的な対策を

 千葉県で中学生が連れ去られそうになった事件。容疑者が逮捕されました。近隣の方は少し安心されたでしょうが、恐ろしい事件です。

 登下校は1人にならないようにって、口を酸っぱくして子どもたちに言いますが、やはり1人は怖いです。悪い人は、1人を狙っているのですから。とはいえ、1人にならざるを得ないときもあります。

 子どもを守る抜本的な対策を講じないと。自分の身は自分で守るにも限界がありますから。

| | コメント (0)

2014年6月17日 (火)

嫌いという理由で

 神奈川県でのこと。傷害の疑いで中学2年の少年が逮捕されました。女性教師の右腕を殴りけがを負わせたとそうです。殴った理由にビックリ。「嫌いな先生ベスト3だった。注意されて腹が立ったから殴った」って。

 嫌いだから殴ってもよいという理由はあまりにも理不尽です。しかし、彼にはその理不尽さが分からないのでしょう。なぜ、彼のように振る舞えるのでしょう。というか、彼のように振る舞えるようにさせたのは誰なのでしょう。

 彼は14歳なので補導ではなく、逮捕されました。まあ何らかの処分が下されるでしょう。ただ、それで反省するのでしょうか。ここできちんとした反省ができないとますますエスカレートしてしまうでしょう。彼のことを、周りの大人は本気で考えましょう。周りの大人が諦めたら、もう難しい感じがします。

| | コメント (0)

2014年6月16日 (月)

着替えるときのさしすせそ

 水泳の季節です。子どもたちが水着に着替える前に、「着替えるときのさしすせそ」の話をします。

      っと着替える
      ずかに着替える
     けべなことはしない
     いりせいとんをする
     く並ぶ

 この「さしすせそ」は、不意に思いついたモノですが、子どもたちにはそれなりにインパクトがあって浸透しています。まあ、特に「す」の部分ですが。水泳指導で、水泳のときは命に関わることなので、かなり入念な指導がされますが、着替えの時は、結構魔の時間です。先生方も着替えるので、子どもたちをフリーにする時間になります。こういうところでトラブルが起こるのです。だから、着替え方についてもそれなりに指導を入れておく必要があります。

 未然にトラブルを防ぐのも教師の役目ですから。

| | コメント (0)

2014年6月15日 (日)

負けちゃった

 サッカー、負けちゃいましたね。まあ、最新のFIFAランキング23位のコートジボアール対同46位の日本です。実力的にはコートジボアールの方が上ということです。単純に考えれば、善戦した方です。とはいえ、感情論が先走りますからね。

 ちなみに、次のギリシャは12位。そしてその次のコロンビアは8位です。ランキングではコートジボアールより更に強い相手ということになります。ただ、強いチームが必ずしも勝つというわけでもないところのスポーツの醍醐味があります。

 それにしても、こういうときって、みんな解説者になりますね。変なの。

| | コメント (0)

2014年6月14日 (土)

梅雨の晴れ間

 諸事情があって走れず。ということで、仕方ないというか、せざるを得ないというか・・・仕事漬けの午前中でした。まあ、やることがあるというのは幸せだということです。

 梅雨の晴れ間とでも言いましょうか、窓の外に見える空は澄んで空です。この澄み具合を、ちょっぴりいただくために、午後は走ろうかな。でも、今の状況で走れるかなぁ。

| | コメント (0)

2014年6月12日 (木)

発想

 社会見学がありました。5年生の定番は自動車工場の見学です。見学システムは社によってまちまちです。今回はTOYOTAの工場でした。見学前にパンフレットが配られます。これはどの社でもたいてい同じパターンです。事前説明の後、工場内の組み立てラインを見学するというパターンです。工場内でモノを落としたら大変なことになるので、基本的に持ち込みはNGです。がしかし、今回の工場はパンフレットの持ち込みありでした。というか、持ち込んでもよいシステムにしているのです。

 パンフレットに穴を開け、紐を通しています。その紐にボールペンが付いています。見学の時には、その紐を首に掛けるようにするのです。こうすると、物は落ちないし、さらに工場内でメモができるのです。なかなかのアイデアでした(最近はどこでもそうなのかなぁ)。

 これらもお客さん(子ども)の立場に立っての発想だと思います。企業にはこういう発想が必要なんでしょうね。企業に限らず教員も同じですがね。自分の都合だけを考えていたら、大切なモノを見失ってしまいますから。

| | コメント (0)

2014年6月11日 (水)

何だかなぁ

 帰宅したのが9時過ぎ。13時間以上学校にいたことになります。何だかなぁ。

 どこでも行われているのかもしれませんが、勤務校では業務時間の調査があります。勤務開始時刻と終了時刻を記録し、月ごとに提出するようになっています。これは僕が長研に行っていたときに始まったシステムだそうです。昨年度何のこっちゃ分からず、一度も提出しませんでした。そして今年も提出していなかったのですが、さすがに催促されました。この超過勤務を是正するためのシステムならよいのでしょうが、そうでもないようです。働き過ぎの場合は、カウンセラー(?)のような人が来て、個別に「働き過ぎちゃいけませんよ」といった相談会がもたれるようです。何だかなぁ。

 こんな無駄な文書を作成する暇があったら、他の仕事をしたいのに。まあ、勤務開始も終了も全日全て同じ時刻で提出するので、大して労力はいらないのですがね。

 それにしても、どうでもよいことにエネルギーを掛けたがる人がいるモノです。それが良かれと思ってやっているのが、また質が悪い。それが多くの人にとても猛烈に迷惑になっているということも考えずに。まったく、もう、何だかなぁ。

| | コメント (0)

2014年6月10日 (火)

ファン心理

 昔、 ポテトチップスに付いていたカード欲しさに、カードだけ取得したら、もうポテトチップスを食べずに捨ててしまう少年がいるといった話を聞いたことがあります。しかし、それが昔の話ではないようです。

 雑木林に大量のポテトチップスを不法投棄したとして、25歳の男性が不法投棄の疑いで逮捕されました。この人、ポテトチップス計約1000袋が入った段ボール箱89箱を不法投棄したそうです。で、何でそんなにポテトチップスがあったのかというと、そのポテトチップスには声優の水樹奈々さんのコンサートチケット応募券が付いていたよう。その応募券を切り取って中身を食べずに箱に詰めて捨てたそうです。

 気になって(?)、そのキャンペーンを調べてみました。8月3日に横浜で行われる水樹奈々さんのLIVEとバックステージに抽選で10名招待されるそうです。そして、バックステージで本人に会えるようです。これはファンにとってはたまらないかも。9点で1口の応募だそうです。たいていの商品が1袋3点のようなので、3袋で1口になります。1000袋ということは、333口も応募したことになります。応募方法に「お一人様何口でも応募できますが・・・」と書かれてありますが、すごい数です。これは葉書などに応募券を貼らないといけないので、1000枚分貼ったのでしょう。ご苦労なことです。

 このポテトチップス、1箱(12袋)で約2500円です。89箱ということは、約22万円になります。この額が高いかどうかは、ファンの価値観なので何とも言えませんが、逮捕されちゃいましたからね。高くつきましたね。

| | コメント (0)

2014年6月 9日 (月)

暴言の発端

 長崎での修学旅行生による語り部に暴言を吐いた事案。さまざまなメディアで取り上げられています。どういう状況で彼らが暴言を吐いたのかは分からないけれども、悲しいを通り越して、情けない思いです。ある意味、多くの方から哀れみの目で見られてしまっているこの中学生たち、今、どう思っているのだろう。まさか、こんな大事にはなるとは思っていなかったでしょう。でも、彼らが発した言葉は、それほど重みがあるのです。

 でも、彼らだけのせいなんだろうか。彼らの口から暴言を吐かせるようにしたのは、親や教師といった周りの大人のせいです。そして、これは決して他人事ではありません。

 何だか最近、大人がしっかりしないとって思うことがよくあります。子どもに手本となるべき背中を見せているだろうか。これは、自分への戒めでもあるけれども。

| | コメント (0)

2014年6月 8日 (日)

思考の整理

 新しい靴で、少し長めの16kmを走ります。まだもありますが、そのうち足にフィットしていくのでしょう。今までの靴も全てそうだったし。ただ、坂道を上るときの踏み込みは、今までの感覚とは違います。強く蹴り出せる感じがします。

 とはいえ、最近はかなりゆっくりペースで走っています。16kmなら、普段はキロ5分として80分で走っていました。調子が良ければ75分くらいで走ることもありました。がしかし、今日は90分オーバーです。かなりのゆったりです。別に意識的にゆっくり走っているわけではありません。なかなかスピードに乗れないのです。いまいち走りに勢いがありません。

 でも、まあ、本当はこれくらいで良いのかも。変にタイムを意識しすぎると本来の走る意味を失ってしまいそうだし。というか、もうすでにタイム重視になってしまっているところもあります。それはそれで走る意義としては大切な要因の1つなんだろうけれども。今日はゆったり走っているせいか、走りながらいろいろなことを考えることができました。僕が走るのは、思考の整理のためです。だから、普段より10分長く整理ができました。

| | コメント (0)

2014年6月 7日 (土)

小学五年生

Sige 本屋さんの文庫本コーナーである本に惹かれました。タイトルが『小学五年生』。そしてその著者が、重松清さん。手に取った瞬間、買うと決めてしまいました。

 この『小学五年生』、タイトル通り5年生の児童が主人公で、短い作品が17ほどあります。短いので、1つの作品を一気に読んでしまいます。そして、これらの作品で実に興味深いのが、主人公が男子なのです。5年生という少し思春期に入りかけの男子という、ちょっぴり背伸びしている内容に共感することが多いです。

 5年生という時期は、人生の中でも人格形成において大切な時期なんでしょうね。僕が今の教員という仕事に就いたのも、このときの担任の先生のおかげです。それに、この時期の出来事は、今でも結構鮮明に覚えていることが多いです。

 そして、今僕は、5年生の担任をしています。

| | コメント (2)

2014年6月 5日 (木)

地味ぃ~に

 今年は校務分掌がやけに多いのですが、その中の1つに学校ホームページもあります。勤務校が開設したのは2年前、ちょうど僕が長研に行っていたときです。勤務校の更新率はすさまじく、アクセス数も市の中でダントツです。つまり、保護者の期待を大きいというわけです。その業務を引き受けました。

 しかし、僕はあまり保護者が期待するような更新はしていないかもしれません。更新はほぼ毎日行っています。ただ、今までとスタイルをガラリを変えています。掲載する写真は、後ろ姿や全体写真ばかりです。子ども達の笑顔がはじけるような活気のある写真は、一切ありません。でも、僕は、学校という公の機関がするサイトは、そうあるべきだと思っています。個人が特定されるようなものを掲載するのは、いくら保護者の許可があっても良くないと思います。1度世に放たれた映像はもう消えないですからね。

 これからも地味ぃ~に、更新をしようと思います。

| | コメント (0)

2014年6月 4日 (水)

プール掃除

 プール掃除がありました。天候がイマイチなので、インターネットで気象情報を探りながら、実施か否かを考えていました。予定は3.4時間目だったのですが、朝の情報から5時間目に変更することに。しかし、2時間目の空の様子を見ていると、何かいけそうな予感。中休みに改めて情報を確認。いけそうなので、元の通り3.4時間目で実施することに。

 掃除という作業はあまり好まれるものではないですが、プール掃除に限っては別のようです。子どもたちはかなり気合いが入っています。ひたすら壁を磨きまくります。1時間磨きまくって、見違えるほどピカピカになりました。子ども達の表情も満足げでした。

 5時間目は雨でした。運の良い判断でした。

| | コメント (0)

2014年6月 3日 (火)

あれから8年半

 栃木県で2005年に起こった1年生女児殺人事件。容疑者が逮捕されました。この事件は下校時の出来事で、当時、学校でも対策が取られたことを覚えています。というのも、この事件があったとき、僕は生徒指導主任だったのです。それに、この1か月前にも広島で1年生の女児が下校時に殺害された事件がありました。下校時の安全対策は、学校側に問われた大きな課題でした。

 登校時と違って、下校時は学年によってバラバラになります。下校時刻が違うからです。低学年は早めに帰るだろうし、高学年はその1時間後に帰ることになります。その分、まとまって帰る割合が減ります。抑止の為にも、先生方が各地域に分かれて定期的に見守りをすることにしました。

 あれから8年半。安全対策は十分なんだろうか。喉元過ぎればでは、いけないのに。

| | コメント (0)

2014年6月 2日 (月)

小さな目標

 今年度密かに目標にしていることがあります。それは1日1授業は、板書計画を立てることです。まあ、本来当たり前のことなのでしょうが、正直なところ、忙しさに流されているところがあります。

 板書を考えると、その授業で提示する課題と、その課題に対する答えが見えてきます。つまり、その授業で子どもたちにつけたいモノが何かがはっきりしてきます。

 ただ、1日1授業を目標にしているわりに、2日で1授業になることもしばしばで・・・。ちょっとのがんばりなんだから、がんばらないと。それが直接、子どもに還元するんだから。

| | コメント (0)

2014年6月 1日 (日)

靴購入

Mana adidasのアウトレットで靴を買いました。今まではtempoシリーズでした。tempoは安定性とクッション性があり、初心者向けです。膝をすぐ痛める僕にはピッタリでした。でも、今回はちょっぴりレベルアップを。中級者向けの靴を。mana7を購入。tempoよりさらに軽い靴です。かなり締め付けられる感じがします。色は大好きなオレンジ色に。この色はテンションの上がる色です。

 早速履いて走ってみることに。まだ慣れていないので違和感はありますが、蹴る強さが増す感じは受けました。タイムが上がりそうな気がします。でも、あんまり無理し過ぎちゃダメです。先月のハーフからなかなか思うような走りができず、復活しない状況なのに。

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »