« 思考の整理 | トップページ | ファン心理 »

2014年6月 9日 (月)

暴言の発端

 長崎での修学旅行生による語り部に暴言を吐いた事案。さまざまなメディアで取り上げられています。どういう状況で彼らが暴言を吐いたのかは分からないけれども、悲しいを通り越して、情けない思いです。ある意味、多くの方から哀れみの目で見られてしまっているこの中学生たち、今、どう思っているのだろう。まさか、こんな大事にはなるとは思っていなかったでしょう。でも、彼らが発した言葉は、それほど重みがあるのです。

 でも、彼らだけのせいなんだろうか。彼らの口から暴言を吐かせるようにしたのは、親や教師といった周りの大人のせいです。そして、これは決して他人事ではありません。

 何だか最近、大人がしっかりしないとって思うことがよくあります。子どもに手本となるべき背中を見せているだろうか。これは、自分への戒めでもあるけれども。

|

« 思考の整理 | トップページ | ファン心理 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思考の整理 | トップページ | ファン心理 »