« 雨 | トップページ | どうして »

2014年8月 5日 (火)

 笹井さんが亡くなりました。心療内科を受診していたそうです。最近はメンバーと研究の議論ができないほど疲れていたようです。彼をここまで追い込んだのは何なのか。みんなで真剣に考えないと。目新しいことに対しては持ち上げるだけ持ち上げていて、ちょっと不備があると徹底的に叩く。叩いて叩いて埃が出なくなっても叩き続ける。無理矢理埃を出して、それを勝ち誇ったかのように。一体何なんだろう。

 集団というのは恐ろしいです。少人数は常に弱い立場です。たくさんには勝てません。まさにイジメの構造です。その結果がこれです。

 叩いていた側は、何事もなかったかのようにしばらくは過ごすのでしょう。そして、また新たなターゲットの登場を待ち構えるのでしょう。大人がそんな姿を見せていて、子どもに「イジメはダメです」なんて言えません。

 小保方さん、STAP細胞を証明してやれ!

|

« 雨 | トップページ | どうして »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨 | トップページ | どうして »