« 登校日 | トップページ | 異状 »

2014年8月26日 (火)

テスト返却

 4月の学力テストの結果が学校に返ってきました。その結果の受け渡しは、校長か学校代表者、その2人とも以内場合は別の教員2人以上でといったルールがありました。かなり厳重な扱いです。昨日から様々なメディアで、この件は報道されていました。沖縄県が飛躍的に向上したとか、スマホと学力の関係とか。スマホを長時間見ている人ほど学力が低いそうです。そりゃそうでしょう。でも、そういう人の方がコミュニケーション能力が高かったり、文章表現力が高かったりするかもしれません。学力テストで測れる学力は、あくまでも『学力』というジャンルの一側面です。全てが測れるわけではありません。

 ただ、一側面でも数値に表れてしまいます。それなりに重みがあります。まあ、このテストに関するさまざまな疑念はどうしても生じますが、これも1つの結果です。このテストで学力が全て分かるわけがないという感情は、ただの言い訳なのです。

 点が良くてもそうでなくても、大切なのは、どこができなかったのか、なぜできなかったのかというところを見つめるところです。それに毎回活用する力のことを言われます。では、活用する力をつけるためには授業をどう改善すればよいのか考えることが大切なのです。これは課題を把握し、改善方法を編み出すためのテストです。

 とはいえ、数値が出るというのはシビアです。

|

« 登校日 | トップページ | 異状 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 登校日 | トップページ | 異状 »