« モヤモヤ | トップページ | 情報発信の授業 »

2014年9月24日 (水)

2度と起こしちゃダメ

 神戸の事件。容疑者が逮捕されました。遺体が切断されていたそうです。異常です。それにしても、遺体の入っていた袋の中にタバコや診察券が入っているっていうのも、何だか変な話です。そんなことしたら「私が犯人です」って認めているようなモノです。これはわざとなのだろうか。

 それにしても、このような事件は防ぐことができないのだろうか。登下校時は、割と多くの人が見守るし、子どもたちも『1人』ではなく、複数で行動することが多いです。しかし、下校後の遊びの時間となると話は別です。『1人』になってしまう瞬間がたくさん発生してしまいます。そこまで大人が子どもを見守ることは現実的に難しいです。

 悪い人がいなくなるのが1番なのですが、悪い人というのはいるのです。その中で、子どもたちをどう守っていくか、大人が真剣に考えなくてはなりません。とはいえ、どうすればいいのだろう。町中に防犯カメラをつけた方がいいのか、100mおきにコンビニを作った方がいいのか。それとも、子どもを外で遊ばせないようにした方がいいのか。

 非現実的なことを現実にしていかなくてはいけないのかもしれません。このようなことを2度と起こさせないためには。

|

« モヤモヤ | トップページ | 情報発信の授業 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モヤモヤ | トップページ | 情報発信の授業 »