« 中秋の名月 | トップページ | ネットの威力 »

2014年9月 9日 (火)

鍛錬

 研究授業がありました。今年度勤務校では第1回目です。一応、研修主任という立場上、それなりにモノを見せなくてはいけません。という反面、まあ普段撮りということで、普段通りに少し色をつけた感じの授業でした。

 勤務校では活用する力をつけるための授業を模索しています。勤務校に限らず多くの学校で現在取り組まれていることです。ただ、この「活用する力」、いまいち見えない力です。というのは、この力について人それぞれ考え方が違うのです。多くの人が学んだことを生かすことが活用と言われます。しかし、活用しながら基礎基本の力を伸ばすという方もいらっしゃいます。まあ、習得→活用という流れが必ずしもそうではないような気はします。この関係は一方通行ではなく、双方なんだろうなと。

 で、今日は活用しながら、基礎基本も意識した公倍数の授業をしました。よくある長方形を並べたり、同時に発車する時刻を調べたりする問題です。子ども達はあっさりと最小公倍数の解答を導き出します。そこで敢えて最小公倍数ではない、公倍数の解答を示し、「これはダメなの?」と問いました。これによって、自分の解決方法を振り返るとともに、公倍数と最小公倍数の関係の定着を図るようにしました。ただ、しっかりと考えなくてはならないことが多く、理解の難しい子に、どう手をさしのべるかは考える余地がかなりありそうです。

 日々鍛錬です。ん?本当に鍛錬しているのだろうか。

|

« 中秋の名月 | トップページ | ネットの威力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中秋の名月 | トップページ | ネットの威力 »