« 反応 | トップページ | ハラハラドキドキ »

2014年9月30日 (火)

先生の思考力・判断力

 今年度同学年を組んでいる先生は新採2年目の先生です。ものすごく謙虚で、学ぶ姿勢がとってもステキです。その先生が、今日、僕のクラスで算数の授業をしました。異分母分数の足し算です。というのも、明日、研究授業があるからです。で、授業をしてみると、いくつか問題点が見えてきました。この授業は彼女だけで考えたのではなく、高学年ブロック全体で考えたモノです。実際の授業を通すと、いかに机上の空論だったかが分かります。

 今年度、活用型の授業の在り方を模索しています。子ども達の思考力・判断力を高めるには基礎基本を徹底させるだけではダメで、活用を授業に取り入れる必要があります。というのは分かるのですが、ポイントは実際にどうすればよいかということです。異分母分数の足し算なら、活用などせず、かなり教え込む、いわゆる習得型の授業を本来ならします。スモールステップを取り入れたある意味、親切な授業です。しかし、親切なので子どもはそのままレールに乗ってしまえばいいのです。となるとあまり思考したり判断しなくてもよくなってしまのです。それが悪いわけではありません。ただ、それは知識が増えるだけのことです。

 今日、同学年の先生が行った授業もどちらかというと習得型でした。だからあまり思考しなくても子ども達はできました。だからちょっぴり教える側が考え方を変えることにしました。さあ、明日、どうなるか。でも、こうやってあ~でもない、こ~でもないと考えることが大切なのでしょうね。子どもではなく、先生の思考力・判断力が鍛えられています。

|

« 反応 | トップページ | ハラハラドキドキ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 反応 | トップページ | ハラハラドキドキ »