« ハラハラドキドキ | トップページ | 講話 »

2014年10月 2日 (木)

学年活動

 学年活動がありました。この企画、どういう趣旨なのかイマイチわかりません。まあ、親睦を深めようということなのでしょうが。学級役員さんがただただ大変な感じを受けることがよくありました。そういうものなのだろうか。僕は、学年活動を「子どもたちを向上させる場」にするべきだと思っています。だから、子どもたちがおうちの人に何かをしてもらって当たり前の感覚は消すべきだと思います。

 今回は学級役員さんの方から、親と子でドッジボールなどの運動をという提案があったので、親と子の対決を前面に押し出したミニ運動会をすることにしました。で、子どもたちに言ったのは、「今日はみんなの試験です。おうちの人が楽しかったと思える会だったら合格です。そのためには3つのことをクリアします。1つめは、大いに盛り上がること。2つめは、けじめをつけること。3つめは準備、後片付けをてきぱき行うこと」って。子どもたちの意識をもらうから与えるに変えることから始めました。

 で、活動は実に楽しかったです。楽しかったのは、学校で行う一定の活動というルールをみんなが守ったからです。おうちの人と一緒に活動すると双方に甘えが出ることがあります。それがあると、雰囲気がだれます。そういう雰囲気がなかったのが、とっても良かったです。

 でも、相当ハードに動いたので、明日あたり、かなり体に来るんじゃないかと思います。お疲れ様でした。

|

« ハラハラドキドキ | トップページ | 講話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハラハラドキドキ | トップページ | 講話 »