« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

1月最後の日

 1月最後の日です。ということで(?)走ることに。今日は短めの11kmを。短めだけど、体が重く全然ペースが上がりません。結局キロ5分強のまま。たいてい土曜日は体が重いのです。1週間の疲れがどっと出たと言ってしまえば聞こえはいいですが、疲れるほど働いているわけでもありません。

 とはいえ、今月160km走りました。これは過去最高です。このままのペースで走ると年間2000km近くになります。まあ、そんなことはないですが、走れるときに、コンスタントに走ろうと思います。走ると心が元気になります。それに体力が付きます。そういえば、毎年、冬は体調を崩していたのですが、今シーズンはすこぶる健康です。

 明日は駅伝です。

| | コメント (0)

2015年1月29日 (木)

便利な機器なのに

 教室の片隅に謎の機器が置かれていました。どうもどの教室にもあるようです。荷台用にしている机の下に置いてあったので、特に目に入らず、あまり気にもしていませんでした。しかし、何となく加湿器っぽかったので、引っ張り出してみました。するとビンゴでした。加湿器です。空気が乾燥しているので、実にありがたい機器なのですが、今まで活用していませんでした。ということで、早速使うことに。

 水蒸気がバンバン出るので「お~加湿されているなぁ」って感じがします。湿度が高いとインフルエンザウイルスの生存率が下がります。良いことです。そういえば、昔はストーブの上にやかんを置いていました。これも加湿のためです。

 それにしても何故この機器を今まで使わなかったのかです。もちろん、この機器自体にあまり興味を示さなかったこともありますが、教室にコンセントが少ないのです。フリーに使えるコンセントが二口しかありません。既に1つはストーブ用です。もう1つはCDラジカセ用なので、2つが埋まっています。だから、ラジカセのコンセントを外して加湿器を使っています。何というか学校って機器はあるけれども、設備がそれに伴っていないことってよくあります。大きな電子黒板があるのはあるのですが、大きすぎて運びにくいし、廊下と教室の境に段差があり、バリアフリーでないために、教室内に入れる時はかなり苦労するのです。となると、使わなくなりますよね。

 便利な機器はあるのに使わないって、ものすごくもったいないことです。でも、そんなことまで上は考えないですからね。モノさえ送れば、学校のために仕事をしたような気がしてるんでしょうね。

| | コメント (0)

2015年1月27日 (火)

名古屋の事件

 名古屋市の事件。逮捕されたのは19歳の女子大生。犯行動機は人を殺してみたかったって。ここ最近、ニュースで同様の動機が聞かれることがあります。こんな動機で殺されるなんてたまったものじゃないです。

 こういうのって、おそらく生まれ持って備えられた感情ではなく、育った環境が作り出した感情なのでしょう。やはり周りで関わる大人が大きなウエイトを占めると思います。親、教師が何かできなかったのでしょうか。というか、何かしないと。

 こんなの、おかしいんだから。

| | コメント (0)

2015年1月26日 (月)

3秒

 昨日のマラソンの正式タイムがネットで公開されていました。自己計測と同じく40分3秒。40分は切れると思ったけれども、3秒かぁ。

 昨年と何が違うのか思い返してみました。昨年は折り返し地点で19分37秒でした。今回は20分6秒だったので、この時点で30秒違います。だから、まあ全体的にキロ6秒ずつ遅くなったということでしょう。そして、昨年は後半、ずっと後から付かれていたのです。だから抜かせまいと思いながら走っていました。今回はほぼひとりで走っていました。20m前に人はいたんだけれども、その差も詰まらず。というか、追おうともしていませんでした。問題点はココです。前半の30秒遅れは想定でした。その分、後半盛り返す考えだったのですが、盛り返せなかったのです。

 ここで、少しでも追う気持ちがあれば、3秒は詰まったはずです。弱さに負けてしまいました。って、反省はするんだけれども、実際に走っている時は、やはり負けてしまいます。後からあのときこうしておけばって思いますが、その時にはもう体力が回復してますからね。

 ある意味、これは向上心としてプラスに捕らえようっと。

| | コメント (0)

2015年1月25日 (日)

粘る

 10kmの大会に出場しました。この大会、4年連続出場です。会場の小学校が車で5分のところにあります。

 スタートしました。いつものように最初はゆったりと。そして、徐々にペースを上げていきます。前半5kmが20分6秒。大体想定通りです。ここから上げられれば、40分切りが見えます。でも、7kmあたりから結構きつくなってきました。そのまま粘って、残り1kmでガス欠のままスパート。そしてゴール。時計を見ると、40分3秒でした。おしい!

 去年が39分6秒でした。1分近く遅くなっています。そういえば、1か月前のハーフも前回と比べて40秒くらい遅かったです。その前のフルマラソンも前回大会と比較すると2分くらい遅くなっています。確かに昨シーズンは体が動いていました。今シーズンは、動いていないわけではないけれども、キレがありません。これって年のせいなのだろうか。イヤ、単に昨日飲み過ぎたせいかもしれません。

 それにしても10kmの大会はそこそこ面白いです。徒競走の長いバージョンといった感じです。息つく暇がありません。でも、それは走っている人みんな同じです。だからこそ、心が折れたら負けてしまうんです。いかに粘れるか、ですね。

| | コメント (0)

2015年1月24日 (土)

太陽光

 今月はやたらと走っています。今日走ったので130kmオーバーです。明日、10kmの大会に出場するので確実に走ることを考えると今月だけで150km近く走っていることになります。過去の月間最高かもしれません。

 で、走る時は、いくつかコースがあるのですが、最も走るコースが16.1kmコースです。これは家を出発して南下していき、海沿いを走るコースです。途中、かなりのアップダウンがありますが、それがまた刺激的で良いです。

 海沿いコースも走り始めた頃に比べて、雰囲気が変わってきました。一番変わったのが、やたらと太陽光発電システムが設立されたことです。あいている土地に、ガンガン設置しているような感じです。まあ、有効活用としてはよいのでしょうが。設置するのにもそこそこお金が掛かるだろうし、海沿いって塩害とかの心配がないのかなぁとも思ったりもするのですが。

 というシステムを横目に黙々と走ります。太陽光がエネルギーを蓄えるように、僕も明日の大会に向けてエネルギーを蓄えないと。といっても、アルコールエネルギーですが・・・。

| | コメント (0)

2015年1月22日 (木)

本気の思い

 ブログに福島正伸さんのメルマガ「夢を実現する今日の一言」をたまに載せます。これを載せるときって、少々心が参っている日が多いのですが。ということで、今日は載せる日です。
「本気の思いは 奇跡の出会いをつくる」

 まずは本気にならないといけないんだけどなぁ。若干そのエネルギーが枯渇中です。無理矢理エネルギーを蓄える思考にしないと。

| | コメント (0)

2015年1月21日 (水)

プラスに

 校内研修の一環で教材研究会をしました。ここでは模擬授業を行います。今回は僕がすることに。研修の主催者である僕が模擬授業をするという、ん~どうなのかなぁと思いつつ、まあ、いろいろと諸事情もありまして・・・。でも、授業を考えるのは楽しいです。

 その後、駅伝に向けての練習を。雨なので中止を、という流れにはせず、体育館でシャトルランをすることに。シャトルランをするのは初めてです。とりあえず、100回までがんばれました。シャトルランがこんなに面白いモノとは思いませんでした。

 楽しいと感じたり面白いと感じるのは個人差がありますが、どうせやるならプラスに考えて方がいいです。イヤイヤやってたって得るものはないですからね。

| | コメント (0)

2015年1月20日 (火)

人質

 日本人がイスラム国に人質として捕られ、2億ドルの身代金を払わなければ殺害すると予告しています。「相棒」の映画で似たようなモノがありましたが現実に起こっています。さて、日本政府はどのような手段を執るのでしょうか。

 難しい判断が迫られています。テロに屈しないと強気の姿勢を見せると、本当に殺害してしまう恐れがあります。かといって、身代金を支払うと、今後も似たような事件が多発する可能性があります。日本政府は金を出すって思うでしょうから。粘り強く交渉といっても、相手は72時間以内と区切っています。

 ん~、何か妙案はないものなんですかね。それにしても、人質として捕らえられた方の家族の気持ちを思うと、何だかつらすぎです。

| | コメント (0)

2015年1月19日 (月)

講演会

 別の学校の講演会で講師として呼ばれました。情報モラルに関するお話しをとのことです。その学校は今日が人権教育の参観日で、参観日後の保護者向けの話をとのことでした。勤務校で話をしたことはありますが、別の学校で話をする機会は今までになかったので、とっても新鮮でした。

 一応、今日話をするので、昨日、3回ほどプレゼンの練習をしました。1回のプレゼンで45分くらいかかるので、結構なエネルギーを使います。そういえば、3年前、長研だった頃、25分間のプレゼンを必死に覚えていました。必死に練習をしたので、今でも何となく言えます。練習はそれなりに財産として積み重ねられるモノです。

 で、今日のプレゼンがよかったのかどうかというのは、いまいちよく分かりません。ただ、参加されていた先生方からはそこそこ好評でした。まあ、とりあえず一仕事を終えたので、月曜日ですが、ごほうビール(ご褒美のビール)をいただきました。しかも2本も。

| | コメント (0)

2015年1月18日 (日)

 箱根駅伝と同等に面白いのが都道府県駅伝。様々な世代が襷をつなぐから、違った趣があります。先週の女子に引き続き、今日は男子の部でした。豪華メンバーが各県にちりばめられて、見ているだけでワクワクします。愛知1区の高校生の襷渡しは残念だったけど、襷の重みが改めて感じられました。

 2週間後に駅伝があります。勤務校チームで出場します。単独で走るマラソンとは違うので、そこそこの緊張感があります。というわけで、チームで勤務終了後練習を開始しました。とはいえ、たった1.8kmを走るだけです。でも、みんなで走るって、単独で走るのとは違う面白さがあります。今回のチームは、僕以外全て20代です。ただ、積極的に参加というよりは、僕が無理矢理チームに引き入れた感があるのですが・・・。

 襷はちゃんとつながるのでしょうか。

| | コメント (0)

2015年1月17日 (土)

目立つ方法

 スナック菓子につまようじを混入したり、万引きをしたりする(実際にはしてないようですが)などの悪質な動画が相次いでネットに投稿された事件で、警視庁は容疑者を指名手配しました。ただ、この容疑者、19歳なのです。つまり、未成年です。指名手配になると、テレビなどマスメディアが指名や顔写真を公開します。しかし、未成年は少年法の趣旨によって、それがなされません。だから、その19歳の子が町をぶらぶら歩いていても、一般の私たちには分からないということです。

 それにしても、この容疑者は、ただ単に目立ちたいが為に、こんな事をしているのでしょうか。もう少しまともな目立つ方法って、いっぱい存在すると思うんだけどなぁ。

| | コメント (0)

2015年1月15日 (木)

技能UP作戦

 算数の基礎的な技能の力をつけるために、昨年同様、放課後テストを始めました。厳密には放課後ではなく、6時間目の最後の3分です。6時間目を普段より5分早めに終わります。そして子ども達はすぐに帰りの用意をします。その2分後に、黒板に3問問題を掲示します。この問題、イメージは算数A問題の最初の1ページ目に出るようなモノです。できた人は、ランドセルを背負ったまま、少人数教室に行きます。すると、少人数担当の先生がいて、先生に丸付けをしてもらいます。3つとも○ならそのまま帰ります。1つでも間違いがあれば、教室に戻り、やり直します。そして担任の先生に丸付けをしてもらうシステムです。これを週に2回行います。

 早くできた子は普段より早く帰れます。遅い子でも下校時刻前に帰れます。しかも、個別指導の時間が取れます。なかなか良いです。最大の利点は、丸付けをする先生が担任ではなく別の先生であることです。これにより、一種の緊張感が生まれます。ただ、この形をするためには、当然、その先生の存在が必要なのです。

 目指すはA問題の最初の1ページ目は確実に全員が○をとることです。それくらいの力はつけて、6年生に進級させたいですからね。

| | コメント (0)

2015年1月14日 (水)

40人はとりあえずなし

 40人学級に逆戻りという謎の案は、とりあえずなしになったようです。40人にすると、教師の数は減るので、200億円くらい財源が確保されるそうです。しかし、その200億円以上のモノを失うことは分かりきっています。

 価値観が多様な現代です。35人を1人の教師が見るだけでも大変なのに、40人になると無理が生じます。この無理は子どもに影響します。

 日本の資源は、「人」です。その人を育てる教育にお金を掛けないでどうするのだろう。10年先、20年先を見ないと。

 もう、こんな謎の案があがらない日本を期待します。

| | コメント (0)

2015年1月13日 (火)

欠点

 メルマガ「夢を実現する今日の一言」より
 人の欠点は気になるんだけど
 自分の欠点は気にならないんだよね~

 自己中心的ですよね。私たちって。マクドナルド報道を見ていると、ものすごく感じます。本当は己を振り返ると、何も言えなくなってしまいます。あまりもの恥ずかしさに。でも、振り返らないんです。現実と向き合うのが怖いから。

 自分をきちんと振り返られると優しくなれるんだろうにな。

| | コメント (0)

2015年1月12日 (月)

寛容のない社会

 連日マクドナルド商品の異物混入問題が報道されています。マクドナルド以外でも、さまざまな飲食店での異物混入問題も報道されています。まあ、人が調理するので完璧ではありません。ミスをゼロにするのは難しいです。しかし、ここ最近の怒濤の過熱報道は違和感を覚えます。小さな埃を叩きまくって大きくしているような気がします。

 確かに異物混入は問題です。衛生面だけでなく、金属片やプラスチック片ならばケガをする可能性もあります。でも、「何か変なものが入ってたのですが~」って、店員さんに言えば、それで済むような気がします。多分、そう言うと、新しい物に換えてくれます。しかし、ネット社会は恐ろしいです。そうしたほんわか雰囲気を一気に消し去ります。更にマスコミがそれらを煽りまくり「異物混入=考えられない大問題」という構図を作り出しました。

 何だか寛容のない社会は息苦しいです。だって、周りのさまざまな人の寛容な心のおかげで僕の今があるんだから。人からの寛容は受け入れて、人には寛容しないって、それはできないよ。

| | コメント (0)

2015年1月11日 (日)

教育技術

Kyoigi 最近、教育書を買うことも少なくなりました。新採の頃は、かなり大人買いしていたのに。まあ、インターネットがあるので、最新の情報が簡単に手に入ってしまうというのもあるのですが、あまりよくないですね。学校の先生という仕事をしているんだから、その仕事を全うできるよう資質向上しないといけないのに。って、綺麗事は言うのですが、実行せずでした。で、たまたま本屋に行って珍しく買ってしまいました。しかも、「教育技術」を。この雑誌を買うのは、新採の頃以来です。価格が税込みで1000円になっていました。あの頃は、もっと安かったような・・・。

 で、何故これを買ったかというと、ある特集記事が引っかかったからです。それは、「深刻化するSNSいじめ、その時教師は?」というもの。パラパラとページをめくってみると、なかなか参考になることが書かれていました。少し前までなら、このパラパラだけである程度のことが頭に入ったのですが、最近、なかなか頭に入ってくれません。ということで購入して、じっくりと家で頭に入れることにしました。

 最近本屋に行っても、エッセイのコーナーやランニングのコーナーばかり行っていたのですが、最近の教育事情を知るためにも、教育書コーナーにも寄った方が良さそうですね。

| | コメント (0)

2015年1月10日 (土)

膝痛

 冬休みに、3日連続RUNで54km走ったのですが、それ以来膝が痛いです。そしていつものように左足の外側です。たぶん腸脛靱帯炎です。原因はオーバーワークです。ただ、それだけではなく、今回の場合、お正月明けに走ったためも考えられます。つまり、ワークがオーバーしていただけではなく、体重もいつもよりオーバーしていたのでしょう。それで膝に負担が掛かったのかもしれません。

 膝が痛い時は練習中止が基本です。だから、今日は土曜日なのに走っていません。まあ、それが理由ではなく、走れないほどやらなくちゃいけないことがあるというのが、最大の原因でもありますがね。明日はゆっくり走ろうっと。

| | コメント (0)

2015年1月 8日 (木)

アクティブラーニング

 文科省は来年度、アクティブラーニングの指導法を研究するセンターを新設するそうです。アクティブラーニングは子どもが自ら課題を見つけ、互いに意見を出し合いながら教員も交えて解決策を探る授業法です。思考力や表現力、協働性の育成に効果的とされています。こういう授業ができたらすごいだろうし、子どもの力も付くだろうなって思います。でも、現状を考えるとイメージできないのです。目の前にいる子どもたちは必ずしも「できる子」ではありません。なかなか学習の取り組みに対して難しい子もいます。それも結構います。もちろん、その子たちの力を引き上げるためにもアクティブラーニングを取り入れていく必要があるのかもしれませんが。

 子ども以上に大変なのは先生です。力量が問われます。教え込む方が明らかに楽です。やることが決まってますからね。でも、そうではなく、敢えて、あ~でもない、こ~でもないと子どもたちに議論をさせるわけです。それらを先生が上手にコーディネートしなくてはなりません。

 今、学校の先生に求められることがものすごく多いです。学力向上だけではなく、生徒指導や保健指導など、ありとあらゆる事をこなしていかなくてはいけません。他人事のようにすごいなぁって感心してしまいます。まあ、それが仕事って割り切ってしまえば良いのかもしれませんが、割っても割っても仕事は減りません。ビックリです。

| | コメント (0)

2015年1月 7日 (水)

スマイル「0」円

 マクドナルドが異物混入騒ぎで大変なことになっています。混入状況もマックナゲットだったり、ポテトだったりとさまざま。1つの問題が拡散したというよりも、様々なところで欠陥があったということなのでしょう。ただ、これってマクドナルドに限らずのことなんだろうなって気はします。他にも様々な飲食業界で似たようなことはあるのでしょう。たまたまマクドナルドという割と誰もが知っていて、誰もがよく利用するところで、いくつか連続して起こったので話題として上がっていますが、これって氷山の一角なんでしょうね。というか、食品に関する「ミス」はあってはいけないんだけれども、「ミス」が起こることもあるんでしょうね。中国の餃子問題のような根本的な問題とは別のように思います。普通に一生懸命仕事をしていても、「ミス」は起こるものです。

 だからこそ、大切なのは「ミス」が起こった後なのでしょうね。「ミス」が起こった後の対応がスムーズであれば、お客さんも納得するのでしょう。ただ、今回は後手に回った感がします。後手に回ると、お客さんが疑心暗鬼で商品を見出します。すると、「0」の物が「1」に見えてくるようになります。こうなると、せつないですよね。

 信頼回復には少し時間が掛かるでしょうが、みんなに愛されるマクドナルドであってほしいと思います。スマイル「0」円なんだから。

| | コメント (0)

2015年1月 6日 (火)

簡易郵便局

 書き損じ葉書があったので、近くの郵便局へ。とはいえ簡易郵便局なので、郵便局っぽいというのが、適切な表現でしょうか。ついでに今までためておいた書き損じ葉書を全部持っていくことに。

 中に入ると局の方が開口一番、「もうインクジェットの葉書がなくなっちゃった」って。さすが簡易郵便局です。で、最初の質問を。宛名が違うからということで戻ってきた葉書は、換えてもらえるのかと問いは、さすがに1度郵便局を通したものなのでダメだと。そりゃそうです。で、次の質問を。消費増税前の50円の葉書は換えてもらえるのかと。すると交換料5円+消費税分2円の7円で換えられるとのこと。ということで、換えることが可能な全ての書き損じ葉書を52円切手にしてもらいました。

 簡易郵便局って、何だか近所のおばさんと井戸端会議をするような感覚です。好きな方は好きなのでしょうが、やや中に入るのに抵抗感があります。でも、中に入ってしまえば、くだらない質問もできるので、とってもいいです。何事も最初の一歩が肝心です。いやだって決めつけて前に進まなければ、大切なものが得られないまま終わってしまうかもしれませんからね。

| | コメント (0)

2015年1月 5日 (月)

謎の会見

 新潟県のかぐらスキー場で行方不明になっていたスノーボーダー3人が救助された様子がテレビで放映されていました。その後記者会見(?)のようなものがあって、号泣していました。この映像を見た方はさまざまなことを感じたでしょう。どちらかというと、無謀な行動をした批判的な見方で。僕もそうは思いますが、この人たち、よくテレビでモザイクもなしに話をしたなぁって、そっちの方が気になりました。ある意味、全国に情けない行動を伝えるわけです。同情されることはほとんどないのに。

 まあ、この人達が、今回の経験をリアルに伝えることで、冬山の恐ろしさとか、危険なことはしてはいけないとか、助ける人の大変さとかが視聴者には伝わったでしょう。そういう意味では、価値のある会見だったのかなぁ。

| | コメント (0)

2015年1月 4日 (日)

5区どうなる?

 今年も面白かった箱根駅伝。いつもポイントになるのは山登りの5区です。今年も5区で順位がガラリと変わりました。どうも来年は5区の距離が短縮される可能性があるようで。

 5区は山登りの激しいコースなのに、箱根駅伝のコースでは最長区間です。23.2kmもあります。、もともと20.9kmだったのですが、8年前から距離が伸びました。5区の延長がマラソン選手の強化につながるとのことで、延長した経緯があるようですが、この区間でステキな走りを見せた今井さんや柏原さんは、今のところものすごく秀でたマラソン実績を上げたということはありません。この区間はあまりにも特殊です。

 僕はハーフマラソンで1度だけ、猛烈にアップダウンの激しいところを走ったことがありますが、尋常ないくらいヘロヘロになりました。登り坂が壁のようでした。脚が前に進まないのです。でも、平坦なコースよりもこのようなコースを好む方もいらっしゃいます。質が違うのだと思います。

 1月2.3日にとっては、ある意味イベントのようなので、最長距離の山登りは面白いのでしょうが、選手の将来を考えたら、再考の余地があるのでしょうね。

| | コメント (0)

2015年1月 2日 (金)

箱根5区

 お正月にボーッとテレビを見るに最適な箱根駅伝。走っている方は大変でしょうが、見ている側は、ものすごく良い感じです。青山学院の神野さんが5区の山登りでとてつもない記録をたたき出しました。山登りなのに、全くそれを感じさせない走りです。

 それにしても山登りは一気に差が開きます。恐ろしい区間です。これが1人のスポーツだったらいいのでしょうが、チームプレーとなると厳しいですよね。まあ、それが駅伝の醍醐味と言えばそうなんでしょうが。

 駒澤の馬場さん、よくがんばりました。

| | コメント (2)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »