« 40人はとりあえずなし | トップページ | 目立つ方法 »

2015年1月15日 (木)

技能UP作戦

 算数の基礎的な技能の力をつけるために、昨年同様、放課後テストを始めました。厳密には放課後ではなく、6時間目の最後の3分です。6時間目を普段より5分早めに終わります。そして子ども達はすぐに帰りの用意をします。その2分後に、黒板に3問問題を掲示します。この問題、イメージは算数A問題の最初の1ページ目に出るようなモノです。できた人は、ランドセルを背負ったまま、少人数教室に行きます。すると、少人数担当の先生がいて、先生に丸付けをしてもらいます。3つとも○ならそのまま帰ります。1つでも間違いがあれば、教室に戻り、やり直します。そして担任の先生に丸付けをしてもらうシステムです。これを週に2回行います。

 早くできた子は普段より早く帰れます。遅い子でも下校時刻前に帰れます。しかも、個別指導の時間が取れます。なかなか良いです。最大の利点は、丸付けをする先生が担任ではなく別の先生であることです。これにより、一種の緊張感が生まれます。ただ、この形をするためには、当然、その先生の存在が必要なのです。

 目指すはA問題の最初の1ページ目は確実に全員が○をとることです。それくらいの力はつけて、6年生に進級させたいですからね。

|

« 40人はとりあえずなし | トップページ | 目立つ方法 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 40人はとりあえずなし | トップページ | 目立つ方法 »