« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月26日 (木)

角柱・円柱アート

 角柱・円柱の学習をしています。授業のまとめとして、角柱・円柱でアート作品を作ろう大会を実施しました。条件は①班対抗戦②1人B4一枚分の画用紙を使う。③各自が角柱・円柱を作り、合作で何かを作る。④ゴミをできるだけ出さない(使用しなかった画用紙は後で重さを量られ、少ない方が加点される)。といったもの。子どもたちは意欲的に取り組んでいました。

 ただ単に、角柱・円柱の展開図をかきましょうではないので、明らかに能動的に作業が進んでいます。で、大きさなど考えなくてはならないので、必然的に側面と底面の長さを意識します。遊び感覚なんだけど、かなり思考している状態でした。

 できた作品は、謎の(?)ものが多く、ある意味アートでしたが、充実した時間となりました。

| | コメント (0)

2015年2月25日 (水)

反省

 今年度最後の研修が終わりました。1年間活用する力を付けるためにどうすれば良いかを考えてきました。はっきりとした答えは出ませんが、授業そのものを根本的に見直していかなくてはならないという意識化は図れたように思います。

 でも、それじゃ達成感は生まれないですよね。ん~、反省ばっかりです。

| | コメント (0)

2015年2月24日 (火)

川崎の事件(その2)

 川崎の事件。少年グループが任意で事情を聞かれているようです。詳しいことはよく分かりません。少年だからでしょうか。ものすごく慎重です。がしかし、ネット上は全く慎重ではありません。犯人と思われる顔写真がでかでかと載っています。まあ、その人が犯人なのかどうかは全く分からないし、たとえ犯人だったとしても、少年なので顔写真がメディアを通して流れることはありません(たまに流してしまう週刊誌もありますが)。

 それにしてもネットの威力がすさまじいです。1度流れたモノがものすごく拡散しています。もう消すことができません。ただ、この事件は、たとえ犯人が未成年であろうが絶対消し去ってはならない重罪です。

 文科大臣は、この事件を重要視しているようです。それは、救える命だったのではないかということで。つまり、学校は何をやっていたのかということなのでしょう。確かにそういう面もあったのかもしれません。でも、このような残虐な行為をする少年がいるということにも目を向けて欲しいです。果たして現行の少年法で本当にいいのかって。

| | コメント (0)

2015年2月23日 (月)

川崎の事件

 川崎の事件。防犯カメラの映像や周辺からの聞き込みで犯人はそうそうに逮捕されると思ったのですが、今のところ逮捕されていません。報道されている情報から考えるに、犯人は未成年の可能性があります。

 しかし、どうも腑に落ちない点があります。彼はかなりのSOSを出しています。それを多くの人が知っていたようです。なのに、なぜこんな事になってしまったのでしょうか。まだ中学1年生なのに。これから楽しいことがたくさん待っていただろうに。

| | コメント (0)

2015年2月22日 (日)

リズム

 今日も昨日と同じく16kmを。昨日同様からだが重く、なかなかスピードに乗れません。しかも雨が降り出してきました。イヤな感じです。で、途中から何となくリズムが安定してきました。1.2.3.4.1.2.3.4・・・の歩調を頭の中で描きながら走ります。するとそのリズムの方に意識が行くので、坂道を上っていても結構楽でした。特に坂の上り終わりの時に1.2.3.4をイメージすると、スピードダウンせずにそのままの勢いでいけました。

 昨日後半の6kmが36分掛かったのに対して、今日は28分でした。まあ、昨日が遅すぎたのですがね。リズムは大事です。

| | コメント (0)

2015年2月21日 (土)

10日ぶりRUN

 10日ぶりのRUNです。先月はめちゃくちゃ走りましたが、今月はようやく3本目です。体がめちゃくちゃ重たいです。全然前に進んでいる感じがしません。散歩の延長といったところでしょうか。16kmを走るのに1時間半近く掛かりました。

 走りながらいろいろなことを考えます。たいてい来週の授業について考えています。走っている時に良いアイデアが浮かぶことが結構あります。頭の中がスッキリするからなのでしょう。がしかし、今日はそんなアイデアも浮かばず、ほぼ無の状態でした。

 3週間後にフルマラソンがあります。大丈夫なのだろうか。

| | コメント (0)

2015年2月19日 (木)

勝手に見ちゃった

 三重県の小学校でのこと。授業中にイスラム国に殺害されたとみられる後藤さんの画像を子ども達が勝手に見たようです。それで気分が悪くなった人がいたそうで。教育委員会としては、そういう予見はすべきだったと学校側が悪いといった判断のようです。

 で、そもそもなぜ授業中にもかかわらず子ども達はその画像を見ることができたのかです。それはパソコンの部屋と教室とで分かれて勉強をしていたからです。おそらくパソコンで調べる組と教室で本で調べる組とで分かれていたのでしょう。先生は1人しかいないので、2つの教室を行き来する形になります。となると必然的にどちらかの教室は先生がいない状態になります。まあ、そのときにパソコンの部屋側はしめしめと思ったのでしょう。そこで、今調べなくてはならないものとは関係のない後藤さんの画像を検索したのでしょう。

 僕もこのパターンの授業形態をよくとります。なぜ一斉にしないのかというと、①インターネットに限らず、様々な資料から調べさせたいから。②パソコンが児童数分ないから。といった理由です。児童数分ないと、2人で1台といった形になります。この形は、どちらか一方が主体的に取り組み、どちらか一方はただ見ているだけとなります。だから児童数分なければ、三重県の小学校で行われたのと同じパターンの形態をとります。

 今回の場合、問題点は①フィルタリングはかけてなかったのか。②インターネットの使用に関する指導が徹底されていたのかに思います。気分が悪くなる画像が見ることができる環境にあったのなら、それはフィルタリングをかけていなかったのでしょう。そのネットが学校独自のプロバイダなのか、市教委からつながっているのか分かりませんが、小学校で扱うネットなのだから、フィルタリングがかけられていないものを使うべきではないでしょう。また、子ども達はネットに興味津々です。家でも問題のある画像を見ているのでしょう。そういうモノが普通に見られてしまうので、学校でインターネットを使う際は、それに対する指導のチャンスです。逆に何もしないならば、子どもをフリーにさせちゃいけません。

 でも、やっぱり最大の問題は、検索した子どもでしょう。

| | コメント (0)

2015年2月18日 (水)

ストリートビュー

 電気設備会社から銅線を盗んで逮捕された人。この人が下見で活用したのがストリートビュー。泥棒もハイテクになったモノです。他にも類似した事案は結構あるそうです。まあ、泥棒が見たら、ここの家は入りやすいとか、ガードが甘いとか現地に直接行かなくても分かってしまうんでしょうね。

 ストリートビューを初めて見た時は感動ものでした。「あっ、我が家が映ってる!」「あっ実家だぁ!」って。ただ、角度によっては個人情報丸出しで、表札の名前が映っていたりもします。かなり便利ではある反面、トラブルも起こるだろうなっていうのは容易に想像が付きます。でも、このストリートビューが存在しているのは、それを承知の上でのことなのでしょう。リスクは回避できると。

 google側も対策は取るのでしょうが、悪事に使う人が増えると、折角の便利な機能が台無しになります。それは実にもったいないことです。

 悪いことには使ってはいけません。

| | コメント (0)

2015年2月17日 (火)

面談

 数年前から管理職との面談があります。全職員対象です。自己目標シートなるものを年度当初に書いて、それに対する手立てや進捗状況、達成状況を書き加えていきます。まあ、その都度、校長先生、教頭先生に説明をするといったものです。ということで、年間3回あります。

 この面談がどういう意味をもつのかはよくわかりません。ただ客観的に、校長先生、教頭先生は全職員から目標の話を聞いて、イチイチそれに対するコメントをしなくちゃいけないから大変だなぁと思うくらいです。こういうときのコメントって難しいです。評価を加えないといけないから。

 僕に対するコメントは当たり障りのないものでした。というか、別に気の利いたコメントを求めているわけでもありません。でも、気の利いたコメントが言える管理職もいるんだろうな。

| | コメント (0)

2015年2月16日 (月)

所沢の住民投票

 ちょっぴり気になっていた埼玉県所沢市のエアコン住民投票。賛成票が多くを占めたようです。まあ、これには法的拘束力はないし、投票率も3割ちょっとと低空飛行。この投票のために使われた税金が4200万円。さあ、このお金を使った価値が、今後問われます。

 確かにここ最近の夏の暑さは異常です。特に埼玉県は全国的にも夏の暑さで有名なところです。大人が自分たちが子どもの頃は・・・なんて言ったところで比較になりません。命に関わることですから。

 市長は、この結果をどう判断するのだろう。投票率を持ち出して、この結果は意味がないといったことを言い出すと、4200万円がただの住民意識調査ごっこになってしまいます。とはいえ、エアコン代も維持費も結局税金なので、難しいところです。

| | コメント (0)

2015年2月15日 (日)

同窓会

 新採の時にお世話になった先生方との同窓会がありました。とっても楽しい時間でした。あの頃、まだ僕は22歳でした。22歳のなんのこっちゃ訳の分からない僕を上手に教師らしくエスコートしていただきました。

 僕は相当運が良いです。一番最初にお世話になった方が、この人たちでなければ、今の僕は間違いなくいません。澱んだ教師人生を歩んでいたかもしれません。何事も最初が肝心と言いますが、最初が良すぎでした。

 これから僕がすべきことは、あの頃お世話になった時と同じように、後輩に対して気配りをすることです。

| | コメント (0)

2015年2月12日 (木)

ステキな経験の積み重ね

 仮入学がありました。来年度入学する子とその保護者が来校しました。昨年度まで保護者がお話を聞いている間、子どもは1年生の教室で過ごしていました。で、今年は5年生の教室で過ごすことに変更しました。これは、来年度の1年生と6年生の関係になるためです。5年生にとっては、リーダーシップの素地作りとして、入学予定の子にとっては縦割り班でお世話になる人とふれあうということで、お互いにウインウインの関係になります。

 今回は、5年生の子どもたちに企画運営のほとんどを任せました。僕はダメ出しだけしました。対応の仕方がとっても立派でした。3学期になって、幼稚園・保育園と訪問して、これが3回目の交流でしたが、回を重ねる度に立派になっていきます。ステキです。

 ステキな経験を積み重ねると、自信になります。そこまで、あともうちょっとかな。

| | コメント (0)

2015年2月11日 (水)

初使用

 建国記念の日です。ということで(?)、newbalanceの靴で走ってみました。ソールが厚い分、膝への負担は少なそうです。反発性も高いなぁって感じがしました。今日は、ものすごくゆっくりと走ったので、ペースを上げて走った時に、ソールの厚さがどうなるかが分かりませんが、adidasで味わえなかった感覚をひしひしと感じました。あと何度かこれで走ってみて、感触がつかめたら、来月のフルマラソンはnewbalanceでいってみようと思います。

 で、今日、ゆっくり走ったのは下の娘と走ったからです。下の娘は自転車で、僕はそれを先導するように。とはいえ、僕の後10mくらいを自転車で進んでいるので、見た目、一緒に活動感は全くありませんがね。

| | コメント (0)

2015年2月10日 (火)

R-1グランプリ

 R-1グランプリがありました。毎年そこそこ面白いのですが、今年はかなり面白かったです。決勝戦はどれも面白く、甲乙付けがたかったです。結果的には、じゅんいちダビッドソンさんが優勝しましたが、ゆりやんさんもマツモトクラブさんも最初のネタと雰囲気を変えてきて良かったです。

 たった一人の勝負って、全責任が自分にやってくるから、リアルに評価が伝わります。漫才なら、どちらかがカバーしてくれるかもしれませんが、ピン芸は誰も助けてくれません。そんな世界に飛び込める勇気がとってもステキです。

 一人が強くならないと。

| | コメント (0)

2015年2月 9日 (月)

最強寒波

 最強寒波が日本にやってきているとあるニュースが伝えていました。最強寒波って、いくつあるんだろう。最強だから最も強いなのに、最も強いがいくつもあったら、最もじゃなくなってしまいます。と、くだらないことを考えてしまうくらい今日は寒かったです。クラスの子どもが「今日は外で遊んでいですか」と心配する質問をするくらい気合いの入った寒さでした。

 今がピークだそうですが、もうピークって来ないのかなぁ。明日も寒いんだろうな。

| | コメント (0)

2015年2月 8日 (日)

初挑戦

Newb 初めてadidas以外の靴を買いました。newbalanceの靴です。履いた瞬間、ものすごいフィット感がありました。しかも軽い。ソールが厚いので、やや初心者向きなのかもしれないのだけれども、テンションが上がる色合いがとっても良いです。

 これ履いて走るのが楽しみです。どんな感じがするんだろう。既にワクワクしています。

| | コメント (0)

バドワイザー

Bado バドワイザーを飲みました。まず、自分で買うことはないビールです。もらいものです。バドワイザーって世界一の販売量を誇っているそうです。「KING OF BEERS」と記載されていますしね。つまり、世界で一番飲まれているビールなんでしょうね。

 ものすごい飲みやすいです。ビール独特の苦みが少ないのかなぁ。スッキリしているとでもいいましょうか。仕事帰りの疲れた時に飲みというよりは、休日の昼間に飲む方が適しているのかも。

 といって、もう飲んじゃったので、そんなセレブリティーなことはできませんが。

| | コメント (0)

2015年2月 6日 (金)

活用型の模索

 昨日、新採三年目の先生が研究授業を行いました。割合に関するモノです。6年生対象の授業ですが、5年生にビンゴな教材です。それをアレンジして、5年生で授業を。3つの店でどこが一番安く買えるかを検証します。ここまでは昨日の授業でもあったこと。ここから加えました。もう1つ店を作り、この店は1番安かった店よりも更に安く売ります。但し、あまり安すぎると、赤字になってしまいます。だから、丁度良い感じの値段を設定します。表示形式は◯◯円の△%引きの形で。

 学年合同で行った算数ですが、どの子も様々な数字を当てはめながら考えていました。たいていの子はそのパターンです。しかし、数名の子は先に答えとなる値段を設定し、そこから◯◯円と△%引きを考えていました。ここから、考えるコツが広がりました。

 今、習得型と活用型で研修が揺れています。活用する力をつけようとしているのに、結局、習得型の授業に終始してしまっているところがあります。もちろん習得型は大事です。ただ、それはパターンを身に付けるだけのことです。パターンから外れると対応できません。

 先生自身が、まずは従来のパターンから外れた授業を構築しなくてはいけないのでしょうね。

| | コメント (0)

2015年2月 5日 (木)

情報の扱い

 名古屋の小学校でのこと。社会科の授業で、イスラム国によって殺害されたとみられる湯川遥菜さんの遺体の画像などを児童に見せていたようです。授業された先生は「報道の在り方を考えさせ、命の大切さに目を向けさせたかった。結果的に残虐なものを見せてしまったのは浅はかだった」と話しているそうです。

 そういえば、5年生の社会科では情報についての学習をします。先生が言われるように、報道の在り方や命の大切さを考えさせることは必要です。ただし、そのために用いる教材としては不適切と言われるでしょうね。なぜなら、一般的な報道ですらモザイクが掛かっていたり、加工されていたりするんだから。つまり、ありのままを見せるものではないと判断されているものなのだから。

 しかし、インターネット上でモザイクも加工もされていない画像が流布しているのも事実です。それについては学習の中で触れることも必要です。それがインターネットの影の面の1つなのだから。しかし、それは口頭で言えばよいことで、実際にこんなモノまで流れているんですよって見せてしまったら、そりゃまずいですよ。

 この先生が、伝えたかったモノの意図は何となく分かります。ただ、情報の扱いはていねいでなけりゃねぇ。

| | コメント (0)

2015年2月 3日 (火)

節分

 節分です。1年生の先生から、鬼をやってと依頼が。1年生の先生が、紙粘土を駆使して、ものすごくリアルな鬼の面を付くってスタンバイ。生徒指導の先生と二人で1年生の教室へ。

 「ウォー」っと教室の中に入ると、もう1年生は大変なことに。泣き叫ぶ子、立ち向かってくる子、ひたすら逃げる子などなど様々です。この勢いで、結局、全教室にお邪魔することに。授業中なのに申し訳ないです。ただ、季節感を味わう行事ごとが減る中、ほんのちょっぴり良いスパイスになったかなぁって、都合のいい自負をしています。

 それにしても、鬼払いはできたのだろうか。いろいろな鬼がいるからなぁ。

| | コメント (0)

2015年2月 2日 (月)

4分切り

 昨日、駅伝でした。170チーム以上いました。僕は1区です。1区は2年ぶりです。1区は最長区間です。とはいえ、5.5kmなんですがね。前回は22分40秒くらいでした。今回もその当たりを目標にしていました。

 1区スタートはゼッケンの番号順に並びます。僕たちのチームは一番後の列です。だから、スタートしてからしばらくは前が壁になってかなり走りにくいです。ただ、その壁を利用して自分のペースを作っていくこともできます。ということで前半抑えめに。しばらくすると、自分のペースが見つかり、そこからガンガン前を抜いていけました。でも、やや力を出す過ぎたせいか、ややガス欠に。でも、駅伝はできるだけ良い形で襷を繋ぐ宿命があります。最後は、「があああ~」って、雄叫びを上げながら走りました。で、2区の方にバトンタッチ。タイムは21分22秒でした。キロ4分切りです。パチパチパチ。

 個人で走るマラソンと駅伝はかなり質が違います。前者は自分だけのこと、後者は繋ぐことに重きが置かれます。それなりに責任感が生まれますが、だからこそ面白いんでしょうね。妙な一体感も生まれますから。  

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »