« 川崎の事件 | トップページ | 反省 »

2015年2月24日 (火)

川崎の事件(その2)

 川崎の事件。少年グループが任意で事情を聞かれているようです。詳しいことはよく分かりません。少年だからでしょうか。ものすごく慎重です。がしかし、ネット上は全く慎重ではありません。犯人と思われる顔写真がでかでかと載っています。まあ、その人が犯人なのかどうかは全く分からないし、たとえ犯人だったとしても、少年なので顔写真がメディアを通して流れることはありません(たまに流してしまう週刊誌もありますが)。

 それにしてもネットの威力がすさまじいです。1度流れたモノがものすごく拡散しています。もう消すことができません。ただ、この事件は、たとえ犯人が未成年であろうが絶対消し去ってはならない重罪です。

 文科大臣は、この事件を重要視しているようです。それは、救える命だったのではないかということで。つまり、学校は何をやっていたのかということなのでしょう。確かにそういう面もあったのかもしれません。でも、このような残虐な行為をする少年がいるということにも目を向けて欲しいです。果たして現行の少年法で本当にいいのかって。

|

« 川崎の事件 | トップページ | 反省 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 川崎の事件 | トップページ | 反省 »