« ストリートビュー | トップページ | 10日ぶりRUN »

2015年2月19日 (木)

勝手に見ちゃった

 三重県の小学校でのこと。授業中にイスラム国に殺害されたとみられる後藤さんの画像を子ども達が勝手に見たようです。それで気分が悪くなった人がいたそうで。教育委員会としては、そういう予見はすべきだったと学校側が悪いといった判断のようです。

 で、そもそもなぜ授業中にもかかわらず子ども達はその画像を見ることができたのかです。それはパソコンの部屋と教室とで分かれて勉強をしていたからです。おそらくパソコンで調べる組と教室で本で調べる組とで分かれていたのでしょう。先生は1人しかいないので、2つの教室を行き来する形になります。となると必然的にどちらかの教室は先生がいない状態になります。まあ、そのときにパソコンの部屋側はしめしめと思ったのでしょう。そこで、今調べなくてはならないものとは関係のない後藤さんの画像を検索したのでしょう。

 僕もこのパターンの授業形態をよくとります。なぜ一斉にしないのかというと、①インターネットに限らず、様々な資料から調べさせたいから。②パソコンが児童数分ないから。といった理由です。児童数分ないと、2人で1台といった形になります。この形は、どちらか一方が主体的に取り組み、どちらか一方はただ見ているだけとなります。だから児童数分なければ、三重県の小学校で行われたのと同じパターンの形態をとります。

 今回の場合、問題点は①フィルタリングはかけてなかったのか。②インターネットの使用に関する指導が徹底されていたのかに思います。気分が悪くなる画像が見ることができる環境にあったのなら、それはフィルタリングをかけていなかったのでしょう。そのネットが学校独自のプロバイダなのか、市教委からつながっているのか分かりませんが、小学校で扱うネットなのだから、フィルタリングがかけられていないものを使うべきではないでしょう。また、子ども達はネットに興味津々です。家でも問題のある画像を見ているのでしょう。そういうモノが普通に見られてしまうので、学校でインターネットを使う際は、それに対する指導のチャンスです。逆に何もしないならば、子どもをフリーにさせちゃいけません。

 でも、やっぱり最大の問題は、検索した子どもでしょう。

|

« ストリートビュー | トップページ | 10日ぶりRUN »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ストリートビュー | トップページ | 10日ぶりRUN »