« 非日常の逃走中 | トップページ | 学級懇談 »

2015年6月17日 (水)

18歳へ

 選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法が参院本会議で全会一致で可決し、成立しました。来年夏の参院選から、18、19歳も投票できるようになります。つまり、今の高校2年生は来年国政選挙に参加することになります。

 そもそもなぜ引き下げるのかですが、いくつか理由があるようです。例えば、若者の政治参加を促し、社会的な役割を担わせるとか、若者の多様な意見が政治に反映されるとか、海外では18歳が80%とか。ただ、今でも20代の若い世代の投票率は他の世代と比べて低いので、根本的なところを見直す必要はありそうですがね。こうなるとさまざまなことが引き下げられそうですね。飲酒や喫煙もでしょうが、最大の関心事は「少年法」ですかね。これは引き下げた方がいいような気がするなぁ。

 今後、学校教育では公民分野に力を入れざるを得なくなるかもしれませんね。力を入れなきゃいけないところがあまりにもありすぎて、パンクしそうです。

|

« 非日常の逃走中 | トップページ | 学級懇談 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 非日常の逃走中 | トップページ | 学級懇談 »