« 店事情も様々 | トップページ | 非日常の逃走中 »

2015年6月15日 (月)

現状を受け入れる

 水泳指導真っ盛りです。水泳指導は基本3人で行います。勤務校は2クラスが主なので、担任が2人です。となると1人足りないので、毎年、専科の先生や校長・教頭先生がもう1人の役をしていました。でも、今年は専科の先生や校長・教頭先生ではなく、支援員の方が入ることに。支援員の先生は基本的に非常勤で、1年生や特別支援学級の補助に入るのがメインです。

 だいたい水泳指導は泳力別に3つに分けて指導していました。となると支援員の方に指導してもらわなくてはならなくなります。支援員の方って、水泳指導の経験が豊富というわけでもなく、しかも、ほとんど知らない学年の子ども達です。申し訳ないけれども、それをお願いする自信は僕にはなく、その旨を職員会で伝えました。だからといって何かが変わるわけでもなく。そもそも、なぜ、専科の先生や校長・教頭先生が入れないかというと、専科の先生自体学校の規模上、いなくなりました。その分というわけでもないでしょうが、校長先生・教頭先生もとっても忙しいそうです。ん~まあ、そうなんでしょう。とはいえ、支援員の方に指導のお願いはできず、結局、2つに分けて指導することに。そして、支援員の方は陸上監視ということで。

 今、圧倒的に現場は教員不足です。常にギリギリの状態です。これでは何かあったときに対応ができません。分母が減ったのに、仕事量は更に増加しています。今日も謎の仕事が追加されました。さすがに僕じゃなくてもいいのではって、拒みましたが、受け入れられず。

 んんんんん・・・、あんまり考えても仕方ありません。現状を受け入れようっと。

|

« 店事情も様々 | トップページ | 非日常の逃走中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 店事情も様々 | トップページ | 非日常の逃走中 »