« お早い催促 | トップページ | 事前訪問 »

2015年6月24日 (水)

ボブ

 外国語活動を行いました。何と僕が授業をするのは今シーズン初です。今までALTの先生が中心で行ったり、中学校の先生が来たりしていました。という理由だけではなく、外国語の時間が取れなかった(取らなかった?)のです。

 外国語を指導するときに、よくテンションを上げてやらないととか、別人になってやらないとって言われます。確かにそうです。ただ、これが難しいのです。なぜなら、「自信」がないからです。ということで、考え方を変えました。完全に別人になることにしました。

 授業が始まる前、子どもたちは言います。「今日は誰先生が来るのですか?」って。そこに完全に担任の先生はいません。そりゃそうです。今までやってきてないんだから。それを反省しつつ、今日は新しい先生が来ると伝えます。そして、廊下に出て、100円ショップで買った牛乳瓶底眼鏡を装着し、登場します。「ハ~イ、私ボブです」って。その後は完全にボブになりきって進めました。子どもたちも、いつも以上にハイテンションでした。

 「自信」がないと、消極的になります。だから、別角度から挑むのです。自信なんて誰も持っていないのです。自信は自分から作り出すものです。ちょっとボブが楽しくなってきました。

|

« お早い催促 | トップページ | 事前訪問 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お早い催促 | トップページ | 事前訪問 »