« 奈良の事件 | トップページ | 1日フリー参観日 »

2015年7月 6日 (月)

特別支援学級での授業

 全学級で授業企画第6弾です。最大の壁、特別支援学級での授業です。しかし、この壁はどうしても越えなきゃいけないものでした。実際に自分がやってみないと、特別支援学級での「活用する力」が語れないからです。

 普段は個別でやったり、一斉でやったりすることもあるようですが、今日は一斉で行いました。長さの量感についてです。4年生2人、2年生1人の3人です。できる限り、数字を使わずに、あたや教科書の縦の長さといった一定の基準をもとに考えました。

 担任の先生が自立することが目標とおっしゃっていました。活用する力と絡めていくなら、生活に密着している方がいいように感じました。今回の長さや重さの量感であったり、時間、あるいはお金であったり。それらが生かせるようになればいいのかな。

 これで前半戦終了です。とにかく僕にとってはとっても良い時間でした。まあ、他の先生方は、あんまり好まないかもしれませんが・・・。

|

« 奈良の事件 | トップページ | 1日フリー参観日 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奈良の事件 | トップページ | 1日フリー参観日 »