« 伸びぬ | トップページ | ネットの力 »

2015年8月31日 (月)

死ぬほどつらい子

 8月31日というのは、夏の終わりと言いますか、何とも言えないもの悲しさを感じる日です。例年そうでした。でも、今年はそんなにもの悲しさがありません。といっても別に明日から始まる新学期にワクワクしているわけでもありません。ただ、今年は仕事三昧で、ほとんど夏休み気分を味わっていないので、ごく普通に夏が過ぎたって感じです。

 ただ、様々なメディアで明日は自殺する子どもが多いという報道がされています。鎌倉の図書館では、「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい」というツイートをして話題になっていました。この考え方はとっても大切な考え方です。死んじゃダメですから。ただ勘違いしないで欲しいなと思うところもあります。主語は『学校が始まるのが死ぬほどつらい子は』、です。そうでない子は、学校に行ってください。

 多分、多くの子どもが、夏休み明けって、心が前向きになりません。もちろん、やったぁ明日から学校だぁ、楽しみだぁという子もいるでしょう。でも、学校が普段あるときのような縛られた生活から長い間解放されていたわけです。明日から学校に行くのってめんどくせぇなあって思うのが正直なところです。大人だってそうだもん。でも、それは死ぬほどつらいこととイコールではありません。

 宿題が全然できてなくて、明日先生に怒られるのではないかって思って、学校に行きたくないって思っている子もいるでしょう。それも死ぬほどつらいことではありません。あっさり怒られたらいいのです。別に1時間も2時間も怒られるわけではありません。5分程度怒られて、「すみません、これからは真面目にがんばります」って言えば済むのです。

 正しい選択肢を選びましょう。

|

« 伸びぬ | トップページ | ネットの力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伸びぬ | トップページ | ネットの力 »