« 立場 | トップページ | ひとまとめ »

2015年8月20日 (木)

見えぬ

 研修で講演を拝聴しました。講師はパワポを駆使して巧みにお話しをされます。がしかし、スライドの字が小さくて見えないのです。席が最後方だったことに加え、僕の視力低下のせいもあるのでしょうが、目を細めてみてもぼやけていました。すっごく疲れました。

 長研に行ったときに、さんざんパワポの作り方については叩き込まれました。叩き込まれた中の一つに、字の大きさがあります。文章のようにたくさん字を登場させると、当然字の大きさは小さくなります。聴衆者はそれを読まなければなりません。だからパワポに写すときは、要点だけをどでかくバンと出すようにって。だから、僕は授業でも説明するときでもパワポを使うときには、要点だけをバンと出して、後はそれに話を加えながら説明するようにしています。こうすると、文章をまとめなければならないので言いたいことがまとまります。話す側の僕にとっては良い手法です。

 まあ、席がもう少し前だったり、視力が悪くない方にとっては何の不自由さも感じなかったのでしょう。それにしても劇的に視力が低下しているような気がします。悪いモノばかり見ているのかなぁ。

|

« 立場 | トップページ | ひとまとめ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立場 | トップページ | ひとまとめ »