« ジムビーム | トップページ | 灼熱 »

2015年8月 4日 (火)

武藤貴也さん

 今、武藤貴也さんのツイッターが話題になっています。だって戦争行きたくないじゃんは極端な利己的考えというやつです。で、この人のオフィシャルホームページを見てみました。そこでは、ツイッターでは文字数が限定されて言いたいことが伝わらないのでということで、長文(引用が多いけど)が掲載されていました。その中の一部がこれです。

 「誰もが戦争に行きたくないし、戦争が起こって欲しいなどと考えている人はいないと思います。しかし他国が侵略してきた時は、嫌でも自国を守るために戦わなければならないし、また世界中の各国が平和を願い努力している現代において、日本だけがそれにかかわらない利己的態度をとり続けることは、地球上に存在する国家としての責任放棄に他ならないと私は考えます。」

 まあ、人それぞれ考え方があるので、別にいいのでしょうが、日本って、利己的な態度を取っているんですかね。人的にも財源的にもずいぶんと平和のために貢献していると思うんだけどなぁ。嫌でも自国を守るために戦うという選択肢もあるのでしょうが、それを選ばないのが戦争放棄している日本の取るべき立場なんじゃないのかなぁ。

 この人って、僕より6つも若いのです。にもかかわらず確固たる信念があるのでしょう。だから、この人は他国が侵略してきたら自国を守るために戦うのでしょう。僕は戦えません。

|

« ジムビーム | トップページ | 灼熱 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジムビーム | トップページ | 灼熱 »