« 1回目より2回目 | トップページ | 尋常ない »

2015年10月 2日 (金)

情報モラルの授業

 情報モラルの新作授業を行いました。スマホを買ってもらい友だちとLINEを始めたが、親と作ったルールが守れず、結局、スマホを取り上げられてしまう。そして、友だちから無視されるようになるといった動画をまず見せます。次に、このトラブルを作った原因は誰にあるのか、円グラフに割合で示します。主人公か友だちのどちらかの割合を高くする子が多いのですが、母をトップにもってくる子も。理由は、小学生に買うのはまだ早いとか、友だちが欲しいからという理由を飲むのはいけないとか。そこそこ厳しい目です。友だちが悪いというのは3分以内で返すというルールを作ることって。そこですかさず問います。あなたなら、このルール断れるかって。堂々と断れるという人もいるけれど、正直なところ難しいという子も。この辺りがポイントなんでしょうね。

 その後、1日の携帯電話使用時間のグラフを見せ、多くの時間を携帯電話やスマートフォンに費やしている現実を知らせます。そこで考えさせます。なぜ長時間使うのかって。携帯電話やスマートフォンって、依存症になるくらいの魔力があるんですね。

 情報モラルの授業では、できる限り、判断を伴う活動をさせるべきだと思います。一方的に~はダメですっていうのは簡単です。でも、それでは受動的な形になり、浸透しません。最後に、依存症にならないための方法を考えさせましたが、1時間以上使ったら、その分は自分でお金を払うっていう意見を言う子がいました。この視点、とっても大事ですね。

|

« 1回目より2回目 | トップページ | 尋常ない »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1回目より2回目 | トップページ | 尋常ない »