« 児童の側にいると | トップページ | 一夜明け »

2015年11月 1日 (日)

足が痛いのは気のせいだ

 いよいよフル本番です。この大会は4年連続走るのですが、ここ3年が3時間49分、3時間36分、3時間38分でした。今回の僕のテーマは「限界への挑戦」。30分切りを目指して走ることに。

 会場近くには、小中学校で作られたのぼりが至る所に飾られていました。たいていの学校が「がんばれ」「あきらめるな」というフレーズなのですが、1つおもしろいところが。そこの学校は、「足が痛いのは気のせいだ」って。でも、このフレーズが、走っている最中、僕の中を何度も駆け巡りました。

 前半から飛ばし気味に走って、前半ハーフが1時間40分。単純に倍すれば3時間20分のペースです。でも、このコースの難所はここからです。強烈な坂が4つあります。次第にペースが落ちていき、30㎞過ぎくらいからキロ5分をオーバーするペースに。この頃から膝が猛烈に痛くなってきました。でも、「足が痛いのは気のせいだ」って言い聞かせながら走っていました。

 40kmの時計表示が3時間17分でした。あと2.195㎞を13分で行けばクリアなんだけど、この頃になるとキロ6分で走れるかどうかも不安でした。とにかく一歩ずつ足を置くような感じ。最後の1㎞で、無理矢理ギアを上げてスパート。ゴールに近づき、時計表示を見たときは、28分台でした。結構感動的でした。で、ゴール。タイムはグロスで3時間29分2秒。この大会で初めてサブ3.5を達成できました。

 しばらく放心状態で、しかも気分が悪く、すべての力を使い果たした感じでした。でも、今日はとくかく攻めの走りができました。何事も逃げてちゃダメですからね。

|

« 児童の側にいると | トップページ | 一夜明け »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

tssune3さん、ありがとうございます。
前半抑え気味に入って、後半に体力温存なんて、甘っちょろいことを考えなかったのが良かったと思います。どうせ後半は体力がなくなるんだから、なくなる前に使っちゃえ作戦が功を奏しました。案外体力が保ちました。今まで以上に走り込んだからだと思います。でも、ゴールしたあと、フラフラして吐いてしまったんですがね。マラソンで走ったあと吐いたら、最後の給水で飲んだ水しか出ませんでした。

投稿: パパ | 2015年11月 2日 (月) 22時48分

パパさん!素晴らしい。着実に成長している姿に感動します。本当におめでとう。

投稿: tssune3 | 2015年11月 1日 (日) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 児童の側にいると | トップページ | 一夜明け »