« 報道か人命か | トップページ | ポッキー&プリッツの日 »

2015年11月10日 (火)

ホントに吸ったの?

 京都の小学6年生の男児が、先生に「大麻を吸った」と話しているそうです。先生が男児の様子が不審だったことから問い詰めたところ、男児は「たばこを吸っていた」とした上で、「大麻を吸ったこともある」と説明したそうです。しかも、大麻吸引についての男児の説明は経緯や方法などがある程度、具体的だったようで、事態を問題視した学校側は、男児から説明を受けた日に府警に相談、市教委にも報告したそうです。

 もしかしたら、この男児は本当に大麻を吸ったのかもしれません。となるといろいろな疑問が浮かびます。例えば、入手ルートはとか、親は知らなかったのかとか。それにしても、小学6年生ですよ。まだまだ電車賃半額の子どもが大麻ですよ。世の中どうなってんだって思いはするのですが、ネット社会では案外身近なものなのかもしれません。

 それにしても様子が不審って、どんな状況だったのだろう。先生もビックリしただろうな。

|

« 報道か人命か | トップページ | ポッキー&プリッツの日 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 報道か人命か | トップページ | ポッキー&プリッツの日 »