« 誤操作 | トップページ | 思考 »

2015年12月 3日 (木)

マラソンとコーヒーは似てる?

 勤務校で持久走大会がありました。どんより曇り、しかも風が強い日でしたが、子ども達はとってもよくがんばっていました。こういうがんばる姿を見るのっていいですね。持久走って、どちらかというと嫌われ者です。「やったぁ~、持久走だぁ~」っていう人、あんまりいません。なぜかというとしんどいからです。しんどいことを好んでする人って稀ですからね。

 ただ、僕もそうですが、ここ最近のマラソンブームのせいか、大人で走る人って結構います。その人達が好んで走っているかは分からないですが、まあ、嫌なのに敢えて走るということではないのでしょう。目的はどうであれ、プラスの気持ちで走っているのでしょう。

 持久走を嫌う子どもとマラソンを好む大人。この違いって、人生経験が生み出すものなのかなぁ。何ていうのかなぁ、コーヒーみたいなものなのかなぁ。苦いコーヒーは子どもは苦手だけども、大人はこの苦みを好むという感覚ですかね。酸いも甘いもある程度経験した大人は、多少の刺激を求めるのかもしれません。そこで「走る」という、しんどいけれども、そこそこ健康的で、なおかつ達成感を味わえるものに飛びつくのかな。

 で、僕自身がそういう理由で走っているかというと、よく分かりません。ただ、既に習慣化していて、走らないと気持ち悪いし、走っていると様々なアイデアが浮かぶというメリットは感じています。でも、やっぱりしんどいですけどね。しんどいけど、嫌だなぁっては思いません。やっぱりコーヒーに似ているのかなぁ。

|

« 誤操作 | トップページ | 思考 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 誤操作 | トップページ | 思考 »