« 虐待 | トップページ | 壁 »

2016年1月13日 (水)

大阪市の給食

 大阪市立中学校の生徒が給食の3割弱を残しているそうです。これは全国の小中学校平均の4倍にも上り、しかも、残飯になった食材費は推計年5億円で、食材費全体の約25%にもなるそうです。

 大阪市は仕出し弁当を配る「デリバリー方式」を採用しています。そのせいか、生徒からは冷たい、味気ないとの声は上がっていました。それが食べ残しの原因なのかもしれません。まあ、食中毒のことを考えたら、冷やさないと仕方ないのでしょうが、それにしても3割って。

 大阪市の学校の先生としても対応が難しいでしょうね。モラル的には残しちゃダメなんでしょが、おいしくもないものを我慢して食べなさいというのも酷です。確かにまずかろうが食べるのが求められる姿なのでしょうが、3割も残しているとなると、原因は子どもというよりもむしろ食の方にあるように思います。デリバリーで作る方も本当は温かい物を食べてもらいたいのでしょうが、食の安全を考えると冷蔵せざるを得ません。まあ、理想をいえば、冷めても美味しいものをって思うのですが、限られた予算では難しいのでしょうね。

 でも、食べることって生きる源なのになぁ。他の地域で当たり前にできていることが、なぜ大阪市では難しいのでしょう。

|

« 虐待 | トップページ | 壁 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 虐待 | トップページ | 壁 »