« 一員として | トップページ | 物足りないってどういうこと? »

2016年1月 4日 (月)

笑顔がない罪

 鹿児島県のコンビニで、店員に「笑顔がない」などと言って蹴り、重傷を負わせ、土下座を強いたとして、容疑者が逮捕されました。事件の詳細はよく分からないので推測にはなりますが、?と思う点が2つあります。①本当に蹴った理由は、店員の笑顔がなかったことなのか。②笑顔がないことは土下座して謝るほどのことなのか。

 ①について。容疑者は、店員さんの笑顔を求めていたのでしょうか。報道によると常連客だったようです。だから、その店員さんと今までも何度か顔を合わせたのかもしれません。今までも笑顔がなくて、その鬱積がたまっていたのかもしれません。だとしても、店員は笑顔が前提という考え自体おかしなことです。マクドナルドはスマイル0円という提供がありますが、笑顔がなくて損をするのは店側の方です。というか、コンビニで笑顔の店員さんに出会ったことはあるけれども、そんなに多くはないと思うけどなぁ。だから、笑顔でないのが常であって、笑顔の方がいたらラッキーぐらいな感じです。

 ②について。笑顔のない店員さんなんてたくさんいます。笑顔がないことが土下座の理由に当たるのであれば、多くの店員さんが土下座しなくてはいけません。これが合法化されるのであれば、笑顔はサービス料として価格に上乗せされなくてはおかしくなります。でないと、ネットショップとの差別化が図れません。

 まあ、いずれにしろ、容疑者の行ったことは、正当な理由ではないということです。もしかしたら、別の理由があったのかもしれませんが、それにしても、蹴ってはいけません。

|

« 一員として | トップページ | 物足りないってどういうこと? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一員として | トップページ | 物足りないってどういうこと? »