« 走り初め | トップページ | 笑顔がない罪 »

2016年1月 3日 (日)

一員として

 箱根駅伝は青山学院が昨年に続いて圧勝。個々の強さが際だった感じでした。ということで(?)今日は1人箱根駅伝を。何と9日連続RUNです。ちょっと無理しているかも。箱根駅伝の1/10の22kmを走ります。一応、南に降りていき、海まで行って戻ってくるという箱根駅伝を同じ往復コース。まあ、襷を繋ぐ人はいないのですが。

 1人で走ると襷を繋がないから、楽なもんです。しんどくなったらペースを遅めればいいし、もっとしんどくなったらやめてもいいですからね。でも、駅伝はそういうわけにはいきません。1人の走りがチーム全体に影響します。駅伝は日本で生まれたスポーツですが、何だか駅伝的思考って、いかにも日本らしさなんですかね。でも、こういう発想は厳しい面もあるけど、プラスで考えれば、自分の力がチームの力になるわけですからね。

 人は1人で生きているわけではありません。家族、チーム、クラスなど、何かに所属して生きています。とっても大きな枠組みで考えたら社会の一員でもあります。その中の1人として生きているわけですからね。少しは役に立たないと。

|

« 走り初め | トップページ | 笑顔がない罪 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 走り初め | トップページ | 笑顔がない罪 »