« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

2月LAST

 昼過ぎから雪が舞い始めました。昨日はめちゃくちゃ暖かかったのに。今年は寒暖の差が尋常なく激しいです。

 明日から3月です。2015年度最後の月です。暖かくなるかなぁ。気候以上に心を暖めないと。すぐ冷えちゃうから。まあ、冷やすのは自分の弱さが原因なんでしょうが。

| | コメント (0)

2016年2月28日 (日)

東京マラソン

 東京マラソンがありました。日本勢と海外勢の差があまりにもありすぎたのにはビックリしましたが、学生のがんばりにもビックリしました。全然集団の中から抜け出さないままの状態から勝負に出たのが東洋大の服部君。結果的には日本人4位になっちゃったけど、彼が飛び出さなければ、全体的のタイムがもっと平凡だったかもしれません。そしてその服部君を抜いたのが青学勢。箱根駅伝の勢いそのままという感じでした。

 今回の東京マラソンの抽選倍率は11.3倍だったそうです。結構な狭き門です。でも申し込まないと参加チャンスすらないから、次回は応募してみようかな。11回に1回は当たると考えたら、毎年応募すると54歳までには当たるということになるし。

| | コメント (0)

2016年2月27日 (土)

不登校調査

 文部科学省は、児童や生徒の不登校の実態について、これまでよりも詳細に調べることを決めましたようです。従来の「30日以上欠席」に加え、「90日以上欠席」、「出席日数が10日以下」、「出席日数が0日」という3つの新たな調査項目を設けるとのこと。文科省は調査がお好きです。

 で、そもそもこうした調査はどういう目的でするのかというと、不登校の未然防止や不登校児童生徒への必要な支援の在り方等を検討する上での基礎資料にするんだと、文科省が出している「不登校に関する実態調査」に記載されていました。

 今、小中高合わせて17万人の不登校児童生徒がいるそうです。僕も不登校の児童を担任したことがありますが、ケースも様々です。一概にジャンル分けできないものも多いです。だから調査の時に悩むんですよね。どれに当てはめたらいいのかって。でも、そういう悩んだ上に当てはめたものを恐らく機械的に処理されて、結果が出るんでしょうね。それが基礎資料になるのでしょう。

 資料見ても対策は個別に違うわけです。個別に対応しやすいように、教員を増やせばいいような気もするのですが。調査でかかる費用で、結構な教員をまかなえると思うのですが。

| | コメント (0)

2016年2月25日 (木)

小中連携

 中学校の先生が来校され、英語の授業を行いました。子どもたちは中学校の先生がやってくるというだけで少し緊張気味。まあこれくらい緊張感があった方がいいです。どうせ1か月後には毎日のことになるんですから。

 こうした小中連携や幼小連携が最近流行っています。まあなめらかな移行ということなんでしょう。ただ、いまいちメリットが見えにくいのも事実です。例えば今日の英語の時間。狙いは何なのかと言われると答えにくいのです。ただ、上からやりなさいと言う指示があったからやったという形になっています。メリットを見出すのであれば、中学校の先生が小学校の子どもの様子が知れたということ、そして小学校の児童が、中学校の先生の授業を体感できたということぐらいでしょうか。

 実はこの企画は小学校の先生がT1でって言われていたのです。でも、僕が全力で断ったのです。僕は授業して下さいと言われたら、100%断りません。それがどんな教科であろうが、自分にとってのプラスと考えて取り組みます。外国語でもです。ただ、今回の場合は、少し違うように思うのです。小学校の先生が中学校の先生に授業を見せたところで、双方に得るものが現段階では見出せないからです。パターンとしては、言い方は悪いですが、中学校の先生が上から目線的に、僕たちのしょぼい授業を見るということになります。まあそれはそれでいいのかもしれませんが、土俵があまりにも違いすぎです。コミュニケーション重視の週1しかしない小学校英語と書く活動がふんだんに取り入れられる中学校英語とでは質が違います。ということで、子どもにとってのメリットを見出せそうなパターンとして、中学校の先生にT1という形でお願いしました。

 中学校の先生は、授業をされてどう思ったのか分からないですが、こういう企画をする前には、きちんと話を詰めないと本当はダメなんでしょうね。でも、そんな時間をとるのも難しいくらい現場は疲弊しているんですがね。

| | コメント (0)

2016年2月24日 (水)

組体操の岐路

 組体操が岐路に立ている感じです。議論の初めは巨大ピラミッドの是非だったのですが、今はピラミッドやタワーの廃止は当たり前、サボテンのような二人技も廃止の対象にという風潮さえ感じます。まあ、国がNOというのであれば、ダメなんでしょう。でも、組体操に限らず、水泳も跳び箱運動も危険は伴います。この違いは何なのでしょうか。複数でするから問題なんですかね。自分はしっかりしているのに、不安定な人と組みになると、その人が崩れたがために危険な状況に陥る可能性があるからかなぁ。

 さしあたって、来年度の初っぱなには、教育委員会から組体操に関する通知がやってくるでしょう。さあ、運動会どうなるんだろう。でも、例年通りの脱皮にはいいきっかけなのかも。

| | コメント (0)

2016年2月23日 (火)

438万の水

 千葉県の小学校で、昨年夏、プールの給水口の栓を閉め忘れ、水を大量に流失させるミスを起こした問題。県水道局から請求された水道料金約438万円を該当校の校長、教頭、ミスをした先生の3人が弁済したそうです。弁済方法をいろいろと検討したそうですが、3人が自費で弁済したいと申し出たため、意向が尊重されたとのこと。

 弁済は3分の1ずつのようなので、一人150万円弱です。僕は払えません。これって、ごめんなさいでは済まされないんですね。このミスをされたとされる先生、20代だそうです。恐らく体育主任なのでしょう。何かトラウマにならなければいいですが。

 でも故意ではないし、どうにかならないものなんですかね。一般企業もこうなんですかね。損失は個人負担なんですかね。公務員との違いなのかなぁ。学校の先生がどんどん萎縮してしまいそうです。

| | コメント (0)

モチベーション

 卒業式に向けての練習が始まりました。まだ4週間もあるのですが、勤務校では行っています。まあ、早めにやることで安心感は生まれます。がしかし、最大の問題はモチベーションの持続です。

 運動会や学芸会の練習もですが、できることが増えたり、パズルのピースの如く完成が見えるようになったりするとモチベーションは持続します。自分のすべきことや目指すことがハッキリとするからです。がしかし、卒業式の練習はさほどすることはありません。細かい部分の修正ばかりです。まあ、その細かいところが大切なのでしょうが、劇的に変化するわけではないので、変容が本人にもわかりにくいです。だから、かなり計画的にモチベーションを持続させる手立てを考えておかなくてはならないわけです。

 同じことをやるのでも、体育館でやるだけでは飽きます。例えば運動場でやる、評価を加える、自主的にやらせるなどなど組み込んでいかなくてはいけません。ただ、まだそれを組み込むのは早いので暫しの我慢。

 どうなることやら。

| | コメント (0)

2016年2月22日 (月)

不倫

 桂文枝さんの不倫問題が取り上げられていますが、ここ最近、やたらとメディアを賑わわせている「不倫」。ベッキーさんや宮崎議員に引き続いてなので、またか・・・の印象が強いですね。

 そもそも「不倫」って、Wikipedia情報によると、本来人の道から外れたことを意味していて、近年では特に近代的な結婚制度から逸脱した男女関係のことをいうそうです。近代的な結婚制度というのは、一夫一婦制のことです。つまり、一人の人が複数の人を愛することは人の道ではないということです。

 しかし「不倫」は犯罪ではありません。ただし、離婚事由には相当するようです。イスラム教の国では、場合によっては死刑もあるそうです。まあ、当の本人以上に周りの人がきついですよね。不倫関係にある人の親とか子どもとかせつないですよね。。宮崎さんの生まれたばかりの子どもは、うちのパパはお母さんのお腹に自分がいるとき不倫していたということを一生背負うことになるし、文枝さんの子どもは、いい年した親父が何してるのかってあきれることでしょう。そんな思いをさせるのが「不倫」なんです。

 当の本人同士は、愛に盛り上がれるかもしれないけれども、その代償はとてつもなく大きいということです。人の道を外れるということはそういうことです。

| | コメント (0)

2016年2月21日 (日)

向かい風

 ここ最近、天候がよくなく走れていませんでした。でも今日は快晴。ということで、長めの22kmRUNを。ひたすら南に向かって海を目指します。そして海岸に到着。昔は夏の度に子どもを連れてやってきた懐かしい場所です。今日は暖かいせいか、散歩している人とかキャッチボールしている人とかいました。もう冬の海と言うよりも初春の海といった感じでした。

 ただ今日は風が強かったです。たまに追い風が吹くのですが、ほとんどが向かい風。なぜか往路も復路も基本向かい風でした。向かい風って走りにくいのですが、暑いときには心地良いので、助かる面もあります。今日の向かい風は気持ちよかったです。

 物事ってどう考えるかで変わってくるもので、マイナスをプラスに変える考え方こそ前に進むエネルギーになるように思います。普段の生活の中ではたまに追い風は吹くけれども、たいていが向かい風です。それが普通なんだと思います。その向かい風を上手に捉えないと。まともに受けていたら、キツいだけです。

 「若いときの苦労は買ってでもせよ」ということわざがあります。もう若くはないですが、まだまだ鍛え足りてないですからね。

| | コメント (0)

2016年2月20日 (土)

割高のコーヒー

 1日一杯はコーヒーを飲むのですが、家に在庫のコーヒーがなくなってしまいました。というわけで買いに行くことに。コーヒーはいつもjupiterで買うのですが、今回はたまたま出かける用があったので、その近辺のお店で購入することに。ただ、そのお店、少々割高だったのですが、ちょっぴり思い切って。

 しかし、割高のコーヒーのせいか、ものすごく香ります。言い方はちょっぴり変ですが、部屋中がコーヒーの香りに包まれたような感じです。これは焙煎の仕方が違うのかな。とっても美味しいです。

 でも、さすがに毎回ここのコーヒーというわけにはいかないので、明日jupiterに行こうかな。

| | コメント (0)

2016年2月18日 (木)

環境の中で

 居住地交流がありました。総合支援学校の子が勤務校にやってきて、一緒に過ごします。僕は昨年から企画しているのですが、ずっとダンスをしています。ダンスといっても、例えば、恋するフォーチュンクッキーとかスリラーといったミュージックビデオを見ながらの踊りです。今回が5回目の交流なので、5種類のダンスがあります。折角なので、6年生を送る会や巣立ちの会で披露できるようにと考えています。そこでグループを各クラス男女別の4つに分けました。それぞれがダンスを1つ選び、残り1つは全員でするということに。で、ダンスの練習が始まりました。

 基本的には元のダンスを生かしつつ、各グループでアレンジを加えます。すると面白い現象が。やけにグループの団結心が芽生えるのです。それは良い意味で他のグループをライバル視し始めるからです。そうなると相乗効果で上達が速くなります。たった30分で、見事なほどどのグループも完成度が高いものになりました。

 人は環境の中で育つモノだっていうことを改めて感じました。

| | コメント (0)

2016年2月17日 (水)

新しい一日

 約2か月生やしていた顎髭を剃りました。スッキリです。とはいえ2か月剃らないと結構な長さになります。といっても、板垣退助に比べたらショートカット過ぎです。歴史上の人物で顎髭の長い人って結構いますが、ずっと剃っていないんだろうな。

 明日から新しい一日が始まります。

| | コメント (0)

虐待

 娘に30匹以上の金魚の死骸を無理やり食べさせた疑いがあるとして、母親と同居する男性が逮捕されました。ここ最近、毎日のように虐待に関する事案が報道されています。家庭という社会の基礎になる部分が崩れてしまっては、世の中自体がぐらついてしまいます。

 昔もそれなりに虐待があったのかもしれませんが、虐待事案が多く報道されるということは、それだけ世間の目が行き届き出しているということでもあります。でも、こんなに毎日のように報道されると、日本の未来は大丈夫なのだろうかって不安になります。

 ただ、虐待する親も苦しいんでしょうね。でも、一番側にいてほしい、愛情を注いでほしい人から受ける虐待は、絶望感を生み出します。エネルギーそのものを奪います。どうにか手をさしのべることはできないのでしょうか。

| | コメント (0)

2016年2月15日 (月)

なぜ繰り返されるのか

 また、暴行している様子を動画サイトに投稿する事案が。16歳の女子高校生を呼び出し、30分以上にわたって顔や腹を殴る蹴るなどしてケガをさせ、その様子をYouTubeにアップしていたそうです。原因が男性との交際を巡るトラブルのようですが。

 そもそも人を殴ったり蹴ったり、しかも1対複数なんてダメに決まっていることです。さらにその様子を動画に撮るということ。そして、それをネット上に公開するということ。どうしてそういう心理が働くのでしょうか。ネットに流す事案で過去にも多くの人が逮捕されていることを知らなかったのでしょうか。それとも逮捕されることを覚悟でやったのでしょうか。まさか、逮捕される大事になるなんて想像していなかったということはないでしょうね。

 1度ネットを介して世に流れたものは消えません。被害者も加害者も消えません。あなたの家族も、そしてあなたが育てるかもしれない子どももその動画を見るかもしれません。その場の感情だけでネットに流すのは危険です。感情は時間とともに変化しますが、流れたものはそのまま漂いますから。

| | コメント (0)

2016年2月14日 (日)

 朝からすっごい風です。部活がある娘を学校まで送り届けることに。まあ、こんな風なので、本日もRUN中止です。仕方なくWiiSportsで運動を。娘を送り届けたので、迎えに行かなくてはなりません。まだまだ風強し。娘は風と格闘していました。

 ここ最近、ほんのり暖かかったですが、明日は劇的に寒くなる予報です。まあ、2月ですからね。それにしても気まぐれな天気です。

| | コメント (0)

2016年2月13日 (土)

 土曜日はいつもなら走るのですが、今日は雨です。ということで、家でずっと仕事していました。肩凝りました。

 いつのまにか2月も2週間過ぎてしまいました。たいてい無計画でその場の思いつき優先で事を進めることが多いので、やや焦り始めています。つまり、思いつき頼みのところがあるのです。思いつくためには走らないとダメなのですが、今日のように走らないと何もアイデアが出てこないのです。ピンチです。

 明日も天気が悪そうです。どうしよう。家の中で走ろうかな。

| | コメント (0)

2016年2月12日 (金)

宮崎さん(その2)

 宮崎さん、結局、議員辞職という選択をしましたね。まあ、妥当な判断なのでしょう。不倫と言えばベッキーさんの話題があったので、これを潔いと見る方もいるようですが、宮崎さんって、国会議員さんですからね。国会議員さんは、国民の代表者です。代表の資格がなければ、その職に留まるのは難しいですからね。

 それにしても会見内容を聞くと、すごいですね。今回のケース以外のものもあったようで。奥さんも生まれてきたばかりの子どもも、それを背負って生きていくことになります。「あなたの旦那さんって、不倫してたのでしょ」「お前の父さん、不倫してたんだろ」って、周りから陰口叩かれるのが想像されます。こんな家族を不幸にする人が、家族を幸せにする育児休暇をアピールしてたんですからね。

 でも、今回の件をちゃんと自分に照らし合わせないと。自分の失態が、家族に大きく影響を与えるのです。家族は繋がっているのです。それを心しておかないと。

| | コメント (0)

2016年2月11日 (木)

宮崎さん

 自民党の宮崎さんの不倫問題がそこそこ取り上げられています。これが事実ならば、宮崎さんって、相当人格に問題ありの烙印を押されますよね(既に押されてるのかな)。だって、ちょっと前まで、男性も育児休暇をって張り切っていた人でしょ。まあ、不倫と育児は別問題って言ってしまえば、それまでですが、普通は別と考えにくいですよね。だって育児って、家族を大切にするけど、不倫って家族を不幸にするから。

 明日会見するそうですが、どんな話をするのだろう。あっさり認めるのかな。それとも彼女はただの友だちですって、ベッキーさんみたいに言うのかな。どちらにしろ、奥さんがきついなぁ。子ども産まれたばかりなのに。

| | コメント (0)

計画

 広島県の中学校でのこと。学校や地域の行事で踊る活動をしている生徒のうち約30人が練習中に先生に何かを叫ぶように言われたよう。で、すぐに言葉が思い浮かばなかった生徒に対し「私はばか」と言うよう勧め、複数の生徒が叫んだとのこと。

 いろいろと突っ込み処はあるのですが、そもそも何か叫びなさいって言われたら、何と言おうかな。「ぎゃー!」とか「わぁー!」とかって叫ぶかなぁ。文章でって言われると、難しいなぁ。「ビール飲みたい!」とか「早く帰りたい!」とかかなぁ。

 大人でも(?)この程度なので、急に何か叫べと言われても、アイデアが浮かびません。まあ、担当の先生もアイデアが浮かばなかったから、「私はばか」と言うように進めたのでしょう。計画性がないとこういうことに陥ることがあります。

 今日(昨日)は職員会で、研修について、あまりオブラートに包むことなく、きついことを言ってしまいました。やや自己嫌悪です。ただ、これを言うことは、事前に計画していました。だから、言葉もできる限り選びました。それでも、後で考えると大人げなかったかなぁって思います。でも・・・、何だか難しいなぁ。

| | コメント (0)

2016年2月 9日 (火)

24時前

 最近、不規則な(?)規則的生活になっています。どういうことかというと、帰宅後、ご飯を食べてしばらくすると寝ます。1時間くらい寝たら起きて、また活動をし始めるというパターンです。僕は元々早寝で、11時前には寝るというスタイルだったのですが、最近は12時を超えるのが当たり前になってきました。まあ、眠いのに我慢して起きて仕事をこなすよりかは、少し寝て、頭をスッキリさせてからの方がある意味効率的です。

 ただ、意図的に寝ているわけではなく、ものすごく眠くなるのです。疲れているからとでも言ってしまえばいいのかもしれませんが、疲れるほど仕事はしていないのです。まあ、図太いなりに神経は使っているような気はします。

 というわけで、今日のブログも、24時前です。

| | コメント (0)

2016年2月 8日 (月)

大勝負

 今日のメルマガより
 「人の凄さは 理想に向けて 行動できること」

 ただし、行動はできるけど、実際にするかしないかは別の問題です。でも、明日は、行動しないといけません。大勝負です。

 さあ、がんばれ!そのままで大丈夫だから。

| | コメント (0)

2016年2月 7日 (日)

駅伝

 駅伝でした。今年も1区で。ただ今までと違っていくか変更点が。1つはコースの変更。会場が工事中のため、走る場所が変わりました。但し距離はそのままのようです。がしかし、そのせいで急激な坂がもう1本増えました。もう1つは走る順番の変更。今までは1部と2部があって、教員チームは2部で走っていました。走るチーム数を均等化するとのことで、教員チームは1部で走ることに。1部は、すっごい速いチームと中高生が走ります。それらと一緒に走ることに。

 スタートして球場を2周するのですが、ペースがめちゃくちゃ速いです。全然ついて行けません。とりあえずいい感じのペースで走る人を見つけ、ついて行くことに。徐々にペースに慣れてきて、少しずつ前の人を抜いていくことに。それでもペースは速いまま。5.5kmなのに何度も心が折れそうになりました(というか、ちょっぴり折れました)。でも、高校生には負けられぬと思い、高校生っぽい人を見つけたら抜いていくことに。そして、2番手の方に襷を繋ぎました。タイムは20分15秒。昨年より1分以上速いタイムです。ハイペースのおかげです。

 今回は打ち上げで飲むことをせず、普通に帰宅しました。ちょっぴり成長しました。

| | コメント (0)

2016年2月 6日 (土)

組体操中止検討

 文科省が組体操の中止を検討しているようです。事故が結構あるようですからね。ネット上でも話題に上がっていたので、そのうちそういう話にはなるんだろうなって思ってはいたのですが。

 組体操のフィナーレで10段以上の高いピラミッドを作るところがあるようです。完成すれば感動的にすごいですが、1人崩れるとすべてが崩れるリスクがあります。1番下の人は、上にいる人すべてを受け止めなくてはなりません。当然大怪我に繋がります。年間8500件以上の事故が報告されているようです。こんな大きなピラミッドでなくても、事故は起こるものです。3段タワーでも上から落ちれば、場合によっては大怪我に繋がることもあります。

 そもそも組体操が行われるのは、1人では味わえない支え合いの中で1つの技を作り上げていくことで、1人はみんなのために、みんなは1人のためにといった達成感を味わうところにあります。集団の美とでも言いましょうか。こういうのって、何となくみんな好みますよね。僕も好みます。社会ってそうあるべきと思うからです。だから、組体操も好きです。中止ってなるとさみしいなぁ。

 ただ、リスクを冒してまでする必要はありません。僕が企画する場合も、基本的にリスクの少ない技しかしません。できない技は無理にさせないし、技ごとに組み合わせも変えます。今までの教員生活を振り返ってみても、組体操のおかげで学べたことがたくさんありました。

 でも、なくなるのであれば、それを素直に受け入れます。別の形で、みんなで1つのものを作り上げる達成感が味わえるものを考えます。

| | コメント (0)

2016年2月 4日 (木)

山動く

 実のところ駅伝メンバーを集めるのに少々苦労をします。今年も幼稚園の先生との合同チームです。幼小連携とプラスで考えているのですが、プラスで考えているのは僕だけです。ただ、少し山が動いたって感じのことが。

 明日、会場で試走しようということになりました。日が暮れることを考慮して、勤務時刻終了後すぐに学校を出ることに。勤務校の終了時刻は4時45分です。その旨を幼稚園に伝えると、勤務時刻は5時までだから難しいとのこと。そうですか残念ですねということにしていたのですが、園長先生が少し早いけれどもOKを出してくれたとのこと。パチパチパチ。まあ、遊びではないですからね。広報活動ですから。

 ちょっとおもしろくなってきました。

| | コメント (0)

節分

 節分です。昨年同様、教務主任の先生と鬼になって、各クラス周りを。1年生の教室に入ると逃げ回り始めました。さすが純真な1年生です。がしかし、2.3.4年生になると、鬼に戦いを挑み始めます。更に5年生になると失笑しはじめます。で、6年生はというと、逆ドッキリを仕掛けようと寝たふりを。子どもたちもさまざまです。

 心の中に潜む鬼をやっつけないといけませんね。そして、福は人からもらうのではなく、自分から取り入れないといけません。今日はそのスタートの日です。

| | コメント (0)

2016年2月 2日 (火)

大きくなる気持ち

 昨年1月に起きた川崎市の中学1年生殺害事件。殺人などの罪に問われたリーダー格の19歳少年の裁判員裁判が行われました。少年は、こんな感じで経緯を話しました。「一人だったらやっていない。気持ちが大きくなり、その場の雰囲気もあった」って。つまり、見栄のようなものがあったのでしょう。それで殺されちゃたまったものではありません。

 良きにつけ悪しきにつけ、1人だったらできないのに、複数いればできてしまうってよくあることです。良いことならそれはプラスの作用です。協力とでも言いましょう。あなたたちのおかげでのパターンです。がしかし、例えば、いじめのように、複数が負の連鎖をエスカレートさせることもあります。俺だけじゃない、私だけじゃないという思いが、まさに気持ちを大きくさせるのでしょう。

 正しい判断ができる強い1人にならないと。大人は、強い判断ができる子どもを育てないと。

| | コメント (0)

2016年2月 1日 (月)

配布と配付

 市のICT推進委員会がありました。規約を改正しているのですが、こうした作業って、文字に注目が行きます。まあ、公のものなので、流しちゃダメなところがあるのですが、結構細かいです。でも、新たに知ることも。

 「配布」と「配付」って違うのです。教員1人ずつに配られるパソコンは「配布」ではなく、「配付」です。「配布」は、多くの人に広く配るという意味があり、「配付」は、1人ひとりに配り、手渡すことという意味があります。だから、違うのです。パソコンを配布となると、手当たり次第配るという、結構無謀なことになってしまうのです。

 これって、大人なら知っておくべきことなのかもしれませんが、僕は、恥ずかしながら、今日初めて知りました。他にも知らないこと、たくさんあるんだろうな。

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »