« モチベーション | トップページ | 組体操の岐路 »

2016年2月23日 (火)

438万の水

 千葉県の小学校で、昨年夏、プールの給水口の栓を閉め忘れ、水を大量に流失させるミスを起こした問題。県水道局から請求された水道料金約438万円を該当校の校長、教頭、ミスをした先生の3人が弁済したそうです。弁済方法をいろいろと検討したそうですが、3人が自費で弁済したいと申し出たため、意向が尊重されたとのこと。

 弁済は3分の1ずつのようなので、一人150万円弱です。僕は払えません。これって、ごめんなさいでは済まされないんですね。このミスをされたとされる先生、20代だそうです。恐らく体育主任なのでしょう。何かトラウマにならなければいいですが。

 でも故意ではないし、どうにかならないものなんですかね。一般企業もこうなんですかね。損失は個人負担なんですかね。公務員との違いなのかなぁ。学校の先生がどんどん萎縮してしまいそうです。

|

« モチベーション | トップページ | 組体操の岐路 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モチベーション | トップページ | 組体操の岐路 »