« 配布と配付 | トップページ | 節分 »

2016年2月 2日 (火)

大きくなる気持ち

 昨年1月に起きた川崎市の中学1年生殺害事件。殺人などの罪に問われたリーダー格の19歳少年の裁判員裁判が行われました。少年は、こんな感じで経緯を話しました。「一人だったらやっていない。気持ちが大きくなり、その場の雰囲気もあった」って。つまり、見栄のようなものがあったのでしょう。それで殺されちゃたまったものではありません。

 良きにつけ悪しきにつけ、1人だったらできないのに、複数いればできてしまうってよくあることです。良いことならそれはプラスの作用です。協力とでも言いましょう。あなたたちのおかげでのパターンです。がしかし、例えば、いじめのように、複数が負の連鎖をエスカレートさせることもあります。俺だけじゃない、私だけじゃないという思いが、まさに気持ちを大きくさせるのでしょう。

 正しい判断ができる強い1人にならないと。大人は、強い判断ができる子どもを育てないと。

|

« 配布と配付 | トップページ | 節分 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 配布と配付 | トップページ | 節分 »