« 夏休みスタート | トップページ | 準々決勝 »

2016年7月23日 (土)

喫煙問題

 佐賀の龍谷高校の準決勝辞退問題。この判断の妥当性は非常に難しいところです。オリンピックのロシアの問題もそうですが、連帯責任というのは、なかなか納得いかないものです。確かに同じチームの一員として一緒に切磋琢磨してきたわけです。個人レベルではないとも考えられます。部室での喫煙なら、同じ仲間として知っていたのではという疑惑がつきまといます。もちろん知っていたからといって、その相手に注意ができる間柄だったかどうかという場合も考えられます。先輩後輩の関係だったら難しいところもあるでしょう。

 龍谷高校は昨年は佐賀県代表として甲子園に行っています。今年もあと2つ勝てばというところでした。甲子園に行くか行かないかは今後の人生にとっても大きな違いがあります。就職試験でも甲子園に行ったことが有利に働くかもしれません。喫煙に直接関係の無かった部員や保護者は、素直にこの事態を受け止めるのは難しいでしょう。むしろ憤りを感じる方が普通かもしれません。

 喫煙に関わった人たちは、今、何を思うのでしょう。多くの人の人生を狂わせたことを感じているかなぁ。それにしても、切ないなぁ。

|

« 夏休みスタート | トップページ | 準々決勝 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏休みスタート | トップページ | 準々決勝 »