« 生前退位 | トップページ | 平和 »

2016年7月14日 (木)

選挙とお金

 東京都知事選挙に21人も立候補したそうです。参議院選が終わったばかりの東京に、また選挙看板がダーッと並ぶのでしょう。

 ところで立候補は無料でできるものではありません。供託金というものがいります。これは無責任な立候補を防ぐためのものですが、都道府県知事の場合、300万円いります。ただ、既定の投票数を獲得すれば戻ってくるのですが、既定の投票数は有効得票数の1/10です。つまり、立候補する人が多ければ多いほど、この既定の投票数獲得は難しくなるわけです。21人の中の多くが、300万円没収されるのでしょう。他にも人件費や家屋費、通信費等々さまざまな諸費用が掛かるので、お金持ちしか立候補できません。

 まあ、立候補するということは、それなりに志がある人なのでしょうが。東京は立て続けにお金の問題で知事が辞職しています。お金持ちでもお金にクリーンな人でないといけませんね。

|

« 生前退位 | トップページ | 平和 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生前退位 | トップページ | 平和 »