« ポケモンGO | トップページ | ネガティブ感情の整理法 »

2016年7月26日 (火)

水泳記録会

 市の水泳記録会がありました。教員になってから4市町で働いていますが、どこでも行われています。で、それぞれの場所で特徴があります。校内のみで行う場所もあれば、近くの学校同士で行うところも。勤務校の市では、市の全学校が集まります。まあ、市の学校の多くは単学級か複式なので、全学校が集まってもすっごい多いという感じは受けません。しかし、毎年思うのですが、この水泳記録会の意義がいまいち掴めないのです。

 指導要領には長く泳ぐことは書かれていますが、速く泳ぐことは求めていません。まあ、速く泳ぐという方が手っ取り早い目標の作り方なのかもしれませんがね。講評で偉い方が、「今日は新記録が出ました!」って誇らしげに言います。確かに新記録を出した子は立派なのですが、それを一般の子どもに伝えることに何の意味があるのでしょうか。「へぇ~すごいなぁ」とは思うけど、「僕も新記録を」ってはあんまり思いません。なぜなら、新記録を目標にしているのは、極わずかの速く泳げる人だけだからです。

 ただ、今日とっても良かったことがありました。それは今まで25m泳げなかった子が人生初泳げたのです。それは、この大会という雰囲気がエネルギーを与えてくれたのでしょう。

|

« ポケモンGO | トップページ | ネガティブ感情の整理法 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポケモンGO | トップページ | ネガティブ感情の整理法 »