« 歩いた分だけ | トップページ | 寒い »

2016年12月14日 (水)

うそつきでない大人

 西宮市の今村岳司市長が、中高生を対象にした催しで「中高生のころ、教室の鍵を盗み、授業を抜け出してたばこを吸っていた」と発言し、物議を醸しているようです。市長はうそつきじゃない大人がいることを伝えたかったそうですが、でもねぇ。

 実話なのでしょう。市長は自分の居場所は自分で手に入れようという思いで話したようです。ただ、うそつきでない大人であるならば、その行為はいけないことであること、そして、それを反省しているということを伝えなければなりません。でないと、大人が犯罪を助長しているように感じます。しかも、市長という役職の方の発言です。重みがありすぎます。

 いけないことは誰だってします。それを人間らしさと称してもいいのかもしれません。がしかし、大人は子どもの手本であるべきです。正しい道を教えるべきです。自分の居場所を見つけるために犯罪を起こしていいわけありません。

 でも、こういう話、学校の先生がしたら、大騒ぎになるんだろうな。

|

« 歩いた分だけ | トップページ | 寒い »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歩いた分だけ | トップページ | 寒い »