« 舵を切る | トップページ | 口内炎 »

2016年12月 6日 (火)

まさか

 大分県で行方不明になっていた2歳の子が発見されました。顔などにかすり傷があるようですが、意識はしっかりしていて、命に別条はないそうです。とにかく良かったです。昨日の夜が結構暖かかったことと女の子の父親の同僚のファインプレーが彼女の命を救いました。

 子どもは予想外の行動をします。「まさか」を起こします。それが、喜びでもあり、悲しみを生むこともあります。今回どういう理由で「まさか」が起こったのかは分かりませんが、親御さんにとっては、言葉に表現できないほどつらい「まさか」だったことでしょう。

 今回は結果的に見つかってよかったですが、このようなことはいつ起こるか分かりません。だからといって始終子どもを見ておくわけにもいきません。「親」はどうあるべきか、改めて考えさせられました。

|

« 舵を切る | トップページ | 口内炎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 舵を切る | トップページ | 口内炎 »