« 飽きさせない | トップページ | 立春 »

2017年2月 3日 (金)

1人暮らし計画

 家庭科の授業で、1人暮らし計画をすることがあります。部屋やそこにあるものなどの条件を設定し、あとのものは自分で用意するというもの。で、まずは何が必要か考えます。普段は当たり前に家で過ごしているので、改めて何もない状態から何が必要かと考えると難しいのです。他の友だちが、「トイレットペーパーがいる」「電球がいる」と言う度に、「あ、いる」って。私たちが生きていくにはかなりのものが必要だということが分かります。

 この授業は、そこで終わりではなく、それぞれを用意するにはいくら掛かるのかを調べます。スーパーなどのチラシを見ながら調べていきます。そこで、物の値段の相場を知ります。思っていたより高かったり安かったりさまざまです。このあたりは消費者教育ですね。

 家庭科の学習で培いたい力は、日常生活に必要な基礎的な知識や技能です。学ぶことが直接的に生活に関わってきます。だからこそ、面白いんでしょうけどね。それを面白いものにするか否かは、授業づくりが最大のポイントです。って思いながら、なかなかねぇ。がんばろうっと。

|

« 飽きさせない | トップページ | 立春 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飽きさせない | トップページ | 立春 »