« 複雑 | トップページ | 1人暮らし計画 »

2017年2月 2日 (木)

飽きさせない

 6年生算数の最後の単元「量と単位」。これがなかなかの曲者です。算数的センスが求められるところがあります。だから1度躓くと、路頭に迷ってしまいます。こういう単元のとき、ただ問題をさせているだけでは完全に飽きてしまいます。

 そこでいろいろと考えるわけです。今日はパワポでテンポ良く進めたり、チームで対抗戦を取り入れたりしました。そうすると多少飽きは減ります。とはいえ、これを次の時も続けるとまた飽きてしまうわけです。だからまた別の方法を考えるわけです。

 子どもに力を付ける方法を考えるのは、学校の先生の1番の仕事です。うまくいくときもあれば、そうでないときもありますが(そうでないときの方が多いかも)。とはいえ、他にもしなくちゃいけない雑務が山のようにやってきます。しかし、それはそれ。勉強ができたとき、分かったときに子どもたちの顔は、ものすごく良い表情をするから。

|

« 複雑 | トップページ | 1人暮らし計画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 複雑 | トップページ | 1人暮らし計画 »