« 金正男暗殺 | トップページ | きゅんと »

2017年2月16日 (木)

物言えない

 東京の小学校の先生が、担任をしている5年生の理科の授業で「自然分娩で子どもを産んだ方が、帝王切開で産んだ時よりも親は愛着を抱きやすいという説がある」と発言していたそうです。まあ、不適切な発言ではありますが、これがニュースになることにややビックリです。

 学校の先生の言葉の重みは大きいです。その一言がときには人生を左右することだってあります。ただ、学校の先生は完璧ではありません。それに考え方も思いもそれぞれに違います。この人は、考え方や言葉のチョイスが間違ってたにしろ、自然分娩の際の母の偉大さを伝えたかったのでしょう。時に誰かを傷つける目的があったわけでもないはずです。

 学校の先生が物を言えなくなりそうです。マニュアル通りにしか喋ることができないのならば、ロボットでも対応できます。人間だから間違いもあるのに。人間だから思いが伝わるのに。

|

« 金正男暗殺 | トップページ | きゅんと »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金正男暗殺 | トップページ | きゅんと »