« 手本 | トップページ | 天国と地獄 »

2017年2月23日 (木)

形に

 参観日でした。今年度最後の参観日です。毎度おなじみの写真を見ながら考える授業です。5歳の誕生日を迎えられない子どもが590万人いるという現実、地雷が1個300円で作れるという現実、にこかかわらずその地雷を撤去するのに10万円かかるという現実などなど、さまざまな角度から、世界を考えました。

 これを題材にした授業をここ15年くらいしています。毎年改良を加えています。ただ、何かしっくりきていません。これは、焦点がぼけているためです。結局、この授業を何を考えさせたいのかというのがあやふやなのです。ただ、敢えてあやふやなところを狙っているのも事実です。それは、一方的なこちらから側の押しつけてはなく、自分なりの見方で考えてほしいからです。

 この授業を、どうにかして形にしたいです。子どもには、どうしても知ってほしい現実だから。

|

« 手本 | トップページ | 天国と地獄 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手本 | トップページ | 天国と地獄 »